カテゴリ「詩」の899件の記事 Feed

2013年5月18日 (土)

三千二百七十二: 入り江

                    入り江

 

 

        深い深い森に囲まれて
        大地の奥にくびれこんだ入り江があった。

        人の気配のない  この入り江のために
        大空は歌を歌った。
        その歌は渦巻きのように集まり、回転しながら、
        水の上に落ちた。

        水の上の歌声。
        水の上で歌が広がる。漂う。

        やがて歌は水の中に溶け込んで
        水の底にしみこんでいった。
        そして、底にいる魚たちを
        やさしくなでていった。

 

 

                坂本  誠    Img7d932ef1567c

2013年5月17日 (金)

三千二百六十四: やさしさ

            やさしさ 

 

 

        やさしさ  とは
        親鳥が 
        ひな鳥をくるむ
        羽毛のようなもの。
   
        親鳥の羽毛は
        やわらかくて  ふさふさしている。
        その羽毛が  生まれたばかりの
        ひなに触れ続けている。
   
        親鳥の  やさしさと  慈しみが
        やわらかい羽毛を通して
        血液のように
        常に  ひなに注がれている。
   
        ひなが
        親の愛と暖かさを
        水のように  飲み続けて
        安らかに  夢の中にいる。

 

                坂本  誠    P4190146

2013年5月16日 (木)

三千二百六十二: 五月の風

                五月の風
               
                 
                 
        新緑の  若葉の上に
        春の陽射しが
        やわらかく
        手を触れている。
       
        五月のそよ風が
        さわやかに
        木々の若葉を
        ゆらしている。
       
        緑のシャワーのような  木漏れ日と
        木々の葉の  お互いに  かすれ合う音が
        やさしく
        絡んでゆく。
       
        木漏れ日と  そよ風と  葉の音が
        一つのハーモニーをなして
        青空の中で  静かに  透き通ってゆく。
        私達の心に  染み入るかのように。
         
         
       
                坂本  誠    P4250144

2013年5月15日 (水)

三千二百五十三: 朝のボロブドゥール遺跡

                        朝のボロブドゥール遺跡
                        
                         
                         
        インドネシアの密林の奥深く
        ボロブドゥールという謎の遺跡が横たわっている。
        早朝の曙光の射す中、
        遺跡の千の仏塔の上に
        千人の千手観音がいる。
        千手観音が千の剣を持っている。

        千手観音が
        朝日に感謝の祈りを捧げるため、
        剣の舞いを始める。

        一糸乱れぬ千の剣。
        一糸乱れぬ千の観音。
        一糸乱れぬ千の笑顔。
        千の仏塔の上で、千の観音が軽く宙にステップする。
        朝の光が千×千の剣に反射して、きらめいている。
        遺跡が輝いているようだ。

        千手観音の  たゆたう虹色の衣から、
        虹色の香りが出て、
        緑の密林をかぐわせている。
        その香りは
        千手観音の喜びなのだ。

 

 

                坂本  誠   

三千二百四十七: 森の力

                    森の力
                   
                     
                     
        山の森に  朝が訪れる。
        陽の光が  緑の霧の中に射し込む。
        森が生き物のための酸素を生み始める。

        緑の霧の中から
        青い水が葉の上にたまり、
        一滴の雫が
        岩の上に落ちる。
        岩から飛沫が飛び散る。
        その一瞬は  宝石の中から  光が散乱しているかのようだ。

        飛び散る音が  森の中の木々に当たり続け
        乱反射しながら、
        緑の霧の奥へと木霊してゆく。

 

 

                坂本  誠    Photo

三千二百四十五: 海の力

                    海の力
                     
                     
                   
        夜
        海が  おのれの深い底から
        波に乗せて  生命を運んでくる。
        黒くて、温かな波の動きは
        母の手の  まねきのようだ。

        暗い海の底から  あまたの生命が湧き上がり続ける。
        海の体内から  命が生み出されている。

        月明かりの下、
        海のふちである  浜に
        ウミガメのように  這い上がり、
        小さな生命を運び続ける。

        そのウミガメの涙は
        喜びなのか?
        痛みなのか?
        我が子を腹の外に出すという悲しみなのか?

        海が何も言わずに  命を造り続ける。

 

 

                坂本  誠    20101103084331

2013年5月14日 (火)

三千二百四十二: 波紋

                        波紋
                        
                        
                        
        僕は春の公園にいる。
        そこは深い水の底。
        空気と言う名の水の底。
        息の詰まることもなく、
        更に清冽な大気の水を吸う。

        散りゆく桜の花びらに、広げた両の手の人差し指で触れてみる。
        そこから波紋が広がる。
        宙に広がる波紋。
        僕は走る。
        次々と指が触れてゆくたびに、いくつも、いくつも、波紋ができてゆく。
        桜の花びらが両手の五指に触れるごとに
        空中に幾つもの波紋が重なり、広がってゆく。

        走るのをやめる。
        大きな息を吐く。
        大きな波紋になってゆく。
        春の深い水の底で。
   

                坂本  誠    P3310144

2013年5月13日 (月)

三千二百三十七: 金魚

                    金魚            

 

 

        金魚は小さくて  かわいい。
        だから、誰からも
        「かわいい。かわいい」
        と、ほめてくれる。
   
        だから、金魚の心は安らいでいる。
        だから、
        金魚は水の中で
        眠れる。
        まるで、宇宙を浮いているかのように。
        金魚は深く安らいでる。
     

 
                坂本  誠   

三千二百三十二: 笑顔

                    笑顔            

 

 

        花の笑顔は
        黙って  人の心を癒し続ける。

 

 

                坂本  誠    Img7d91f57ad561

2013年5月12日 (日)

三千二百二十六: 水

                    水                  
                   
               
               
        花を愛でる心が
        水になる。

 

 

                坂本  誠    P4180148_2



Powered by Six Apart
フォトアルバム