カテゴリ「詩」の899件の記事 Feed

2013年5月29日 (水)

三千三百三十二: 飛翔

                    飛翔       
             
             
            
        星々の放つ光は
        やさしい音色か。
        その多くの星々の  音色が集まって
        一つの音楽を  なしている。
            
        その音楽が  やがて  波になり
        その波に乗り
        私の翼が
        静かに  飛んでゆく。
   
        鳥の翼が  大気と風の上に乗り
        地平線の彼方へ  飛び去ってゆくかのよう。
        また、鏡のような  凪(なぎ)の上を進む
        一艘の帆船のよう。
   
        星々を見ながら、
        飛翔している光の速度が
        ゆるやかで  おだやかな
        速度のように感じる。
   
        星々の奏でる  波打つ  光の音楽に乗って
        恍惚としながら  行き先も忘れる私。
        雲海の上を漂いながら、
        ゆりかごの中で  健やかに寝ているかのよう。
     
     
   
                坂本  誠    Img7d92cb71b6dc

三千三百二十七: 風

                風      
            
            
            
        誰もが
        風を感じることが出来るのに
        誰も風を見ることは出来ない。
        誰もが風を触ることも出来ない。
   
        だけど、
        風は私達の身近にあって、
        ただ、ただ
        ひたすら流れゆく。
   
        風が背泳ぎしながら、
        草原の上を流れゆく時、
        風は  太陽の周りの
        日輪を見続ける。
   
        海の上を飛んで
        氷山の腹に出来た
        洞窟の間も
        軽やかに  すり抜けてゆく。
   
        山の頂をも
        翼を付けているかのように
        軽々と
        越えてゆく。
   
        野原の上の
        羊たちにも
        やさしく
        触れてゆく。
   
        雲を自分の粘土にして、
        様々な形にして、
        そして  雲を  青空の中にそっと置いて、
        自由に空の中を泳がせる。
   
        風は
        流れに流れる。
        風が目的地を持たないこと、それ自体が
        風の目的だ。
     
     

 

                坂本  誠    20100720155617

2013年5月26日 (日)

三千三百十七: 月と宝石

                月と宝石       
             
             
            
        月は  夜空に浮かぶ  宝石のよう。
        夜空の  その宝石を  手に取って、
        彼(か)の女(ひと)の  指に
        はめることは  できない。
   
        月のおだやかな  うすい光は
        やさしい心のよう。
   
        地球の種々の宝石を
        その  やさしい光に  触れさせると、
        まるで  月の心が
        それらの宝石に宿るかのよう。
   
        月光に触れさせた宝石を
        彼(か)の女(ひと)に  ささげると、
        夜空に浮かぶ  あの白い宝石を
        ささげたことになるかもしれない。

 

 

                坂本  誠    Photo

2013年5月24日 (金)

三千三百十四: 真・善・美

                真・善・美
                 
                 
               
        早春の中
        一人の  うら若き乙女が
        微笑みながら
        琴を  弾いている。
       
        その琴の音(ね)が
        真と  善と  美を  奏でている。
       
        真・善・美が
        三つの小川のように
        流れ、漂い、
        大空に向かって
        長く伸びてゆく。
       
        その三つの川の音が
        重なり合い
        触れ合い
        渦をなし
        きらめきながら
        はるか  宇宙の天頂まで
        昇り続けている。
       
        永遠に  咲き続ける
        花々の塔のように。

 

 

                坂本  誠    20110328114401

2013年5月23日 (木)

三千三百七: 金魚

                金魚       

 

 

        金魚の心は 
        丸い。
        金魚は 
        素直で  正直だ。
   
        だから、
        金魚は
        多くの人から
        愛される。
   
        金魚の心は
        自分のいる 
        透き通った水のように
        清らかだ。

 
    

                坂本  誠 

2013年5月22日 (水)

三千二百九十九: 感動

                感動

 

 

        心の「絃」がつまびかれた時、
        そこから一本の光線が、天頂目指して突き上がる。
        その線にまつわりつくように、
        あるいは、広がって、散りながら、
        花々がたわわに咲いてゆく。
        七つの色をした花々が折り重なる。
        光線を軸にして、花々でできた円錐が巨大化してゆく。
        この光線が立ち昇り続ける限り、
        花々は咲き止むことを知らない。

 

 

                坂本  誠   

2013年5月21日 (火)

三千二百九十三: 流れ

                    流れ
                   
                   
                   
        美しい 
        一つの音楽が流れている。
       
        その音楽の中に
        鳥々の  さえずり  が  やさしく  重ねられてゆく。
        そして  一つの流れとなってゆく。
       
        青空を見上げると
        白い雲が  ゆったりと  流れている。
        その雲の流れも  一つの流れと重ねられて
        より大きな  一つの流れとなってゆく。
       
        大気そのものも  流れている。
        その大気の流れも
        さらに重ねられ
        より大きな
        一つの流れとなってゆく。
       
        ふと  気が付くと
        僕は  一つの音楽になって
        青い大気の中を  飛んで
        静かに  流れている。
        全ての流れが融合され
        流れ  流れゆく。
       
       
       
                坂本  誠    20110922163251

2013年5月20日 (月)

三千二百八十六: 願い

                    願い       

 

 

        犬と共に散歩をする老人。
        ずっと見続けていたい。

        鳥のさえずりが  大地に降り立つ。

        青い空にうす雲が流れ続ける。

        名前の知らない花々の上に
        朝露が光っている。

        目の前に  僕の道が開け続けてゆく。
        行き止まりが無い。

        果てしなく。
        とこしえに。

 

 

                坂本  誠    _4

2013年5月19日 (日)

三千二百八十一: 心

                    心      

 

 

        少女が  暗闇の中で  掌を上に向けて
        両腕を広げる。
        天からの愛を受け止めるために。

        心から、
        光の奔流が噴水のように吹き上がる。
        何人もの妖精たちが
        その流れの中で跳躍し続ける。

        流れが上に向かうほど、
        円錐のように  広がる。

        流れが 
        どこまで上に伸び続けてゆくのか 
        わからない。

        上に広がりながら、
        下り続ける愛の流れと
        出会い続けている。

 

 

                坂本  誠   

2013年5月18日 (土)

三千二百七十四: 海とゆりかご

                            海とゆりかご
                             
                             
                           
        朝焼けの
        乳白色の霧の下に広がる海を見ている。

        よせては返す波。
        さざなみの音もよせては返す。
        僕の記憶は
        はるかな幼な子の  昔へと帰って行く。
        よせては返す  さざなみが
        僕を乗せた  ゆりかごを  揺する  母の手のように思えるのだ。

        今、
        乳白色の霧という時間の向こうに埋め込まれた
        僕のゆりかごは
        海の上で
        波の手と  音の手によって  揺すられている。

        僕は  その  ゆりかごを見るだけで
        手を触れることは出来ない。

        遠い記憶の向こうの
        僕のゆりかごを見ている。
                                        

 
                坂本  誠    Img7da7884378a

Powered by Six Apart
フォトアルバム