« 三千百八十九: ディスクロージャーについて_No.10 | メイン | 三千百九十一: News_No.182 »

2013年5月 8日 (水)

三千百九十: 自然とのふれあい

こんにちわ。P5020145_2

5月の初めの頃は、天候不順で、寒くなったり、暑くなったりで、気温の変化についていくのが、大変でした。
しかし、GWを過ぎてからは、初夏のような陽射しを浴びられています。

穏やかな5月を感じますね。

こんな晴れた日に、少しだけ、外に出て、深呼吸をすると、気が安らぎます。
例えば、青空が広がっていますので、青空を見ながら、深呼吸をすると、青い空気を吸い込んでいるような気がします。
身体の隅々までもが、青くなりそうな感じがします。
青空には、白い雲も浮かんでいますから、自分の身体も、青色と白のまだらの色になっているかもしれませんね。P5070150_2

また、ふと、周囲に目を回すと、そこには、新緑の草原が広がっています。
靴を脱いで、芝生の上を歩き、そこで、新緑の草原を見ながら、深呼吸すると、やはり、緑色の空気を吸い込んでいるような気がします。
これも、また、身体の隅々までもが、緑色になりそうな感じがします。
大自然そのものを身体に取り込んでいるかのような気がします。

天候の変化が激しい日も続くかと思いますので、天候の良い日は、出来るだけ、時間のある時に外出して、大自然と触れ合う時間を作りたいものですね。

                坂本  誠    P5070152

Powered by Six Apart
フォトアルバム