« 三千三百十一: お知らせ_No.139 | メイン | 三千三百十三: ディスクロージャーについて_No.27 »

2013年5月24日 (金)

三千三百十二: 名前も知らない花々

家に咲いている花々に水をあげると、なんとなく、花も喜んでいるように感じます。

花々の美しい季節になりました。
冬には、花の種類が少ないのですが、春や夏は、花が咲き乱れる季節です。
花の種類は、数が多いものです。
一体、何種類あるかわかりません。
しかし、その数の多さは、かなりのものでしょう。

付近を散歩していても、何の名前かわからない花の種類も多いです。
しかし、その名前のわからない花を見ていても、その花は美しさを与えてくれますね。
こんなさりげない、美しさを見ても、心が癒されるというのは、ありがたいことだと感じますね。

                坂本  誠    Img7d92c569de0b

Powered by Six Apart
フォトアルバム