« 三千二百九十八: ディスクロージャーについて_No.25 | メイン | 三千三百: News_No.212 »

2013年5月22日 (水)

三千二百九十九: 感動

                感動

 

 

        心の「絃」がつまびかれた時、
        そこから一本の光線が、天頂目指して突き上がる。
        その線にまつわりつくように、
        あるいは、広がって、散りながら、
        花々がたわわに咲いてゆく。
        七つの色をした花々が折り重なる。
        光線を軸にして、花々でできた円錐が巨大化してゆく。
        この光線が立ち昇り続ける限り、
        花々は咲き止むことを知らない。

 

 

                坂本  誠   

Powered by Six Apart
フォトアルバム