« 三千三百三十一: ディスクロージャーについて_No.32 | メイン | 三千三百三十三: ディスクロージャーについて_No.33 »

2013年5月29日 (水)

三千三百三十二: 飛翔

                    飛翔       
             
             
            
        星々の放つ光は
        やさしい音色か。
        その多くの星々の  音色が集まって
        一つの音楽を  なしている。
            
        その音楽が  やがて  波になり
        その波に乗り
        私の翼が
        静かに  飛んでゆく。
   
        鳥の翼が  大気と風の上に乗り
        地平線の彼方へ  飛び去ってゆくかのよう。
        また、鏡のような  凪(なぎ)の上を進む
        一艘の帆船のよう。
   
        星々を見ながら、
        飛翔している光の速度が
        ゆるやかで  おだやかな
        速度のように感じる。
   
        星々の奏でる  波打つ  光の音楽に乗って
        恍惚としながら  行き先も忘れる私。
        雲海の上を漂いながら、
        ゆりかごの中で  健やかに寝ているかのよう。
     
     
   
                坂本  誠    Img7d92cb71b6dc

Powered by Six Apart
フォトアルバム