« 三千三百十六: ディスクロージャーについて_No.28 | メイン | 三千三百十八: 遺伝子組み換え食品について_No.9 »

2013年5月26日 (日)

三千三百十七: 月と宝石

                月と宝石       
             
             
            
        月は  夜空に浮かぶ  宝石のよう。
        夜空の  その宝石を  手に取って、
        彼(か)の女(ひと)の  指に
        はめることは  できない。
   
        月のおだやかな  うすい光は
        やさしい心のよう。
   
        地球の種々の宝石を
        その  やさしい光に  触れさせると、
        まるで  月の心が
        それらの宝石に宿るかのよう。
   
        月光に触れさせた宝石を
        彼(か)の女(ひと)に  ささげると、
        夜空に浮かぶ  あの白い宝石を
        ささげたことになるかもしれない。

 

 

                坂本  誠    Photo

Powered by Six Apart
フォトアルバム