« 三千二百七十一: News_No.205 | メイン | 三千二百七十三: ディスクロージャーについて_No.20 »

2013年5月18日 (土)

三千二百七十二: 入り江

                    入り江

 

 

        深い深い森に囲まれて
        大地の奥にくびれこんだ入り江があった。

        人の気配のない  この入り江のために
        大空は歌を歌った。
        その歌は渦巻きのように集まり、回転しながら、
        水の上に落ちた。

        水の上の歌声。
        水の上で歌が広がる。漂う。

        やがて歌は水の中に溶け込んで
        水の底にしみこんでいった。
        そして、底にいる魚たちを
        やさしくなでていった。

 

 

                坂本  誠    Img7d932ef1567c

Powered by Six Apart
フォトアルバム