« 三千三百二十六: ディスクロージャーについて_No.31 | メイン | 三千三百二十八: News_No.219 »

2013年5月29日 (水)

三千三百二十七: 風

                風      
            
            
            
        誰もが
        風を感じることが出来るのに
        誰も風を見ることは出来ない。
        誰もが風を触ることも出来ない。
   
        だけど、
        風は私達の身近にあって、
        ただ、ただ
        ひたすら流れゆく。
   
        風が背泳ぎしながら、
        草原の上を流れゆく時、
        風は  太陽の周りの
        日輪を見続ける。
   
        海の上を飛んで
        氷山の腹に出来た
        洞窟の間も
        軽やかに  すり抜けてゆく。
   
        山の頂をも
        翼を付けているかのように
        軽々と
        越えてゆく。
   
        野原の上の
        羊たちにも
        やさしく
        触れてゆく。
   
        雲を自分の粘土にして、
        様々な形にして、
        そして  雲を  青空の中にそっと置いて、
        自由に空の中を泳がせる。
   
        風は
        流れに流れる。
        風が目的地を持たないこと、それ自体が
        風の目的だ。
     
     

 

                坂本  誠    20100720155617

Powered by Six Apart
フォトアルバム