« 三千二百八十三: 「トランジション」について_No.14 | メイン | 三千二百八十五: ディスクロージャーについて_No.22 »

2013年5月20日 (月)

三千二百八十四: クローバー畑の季節

こんにちわ。

初夏の陽射しをまぶしく感じる季節ですね。P5200145

この季節の植物の育ちは早いです。
しかし、我が家の畑の雑草の育つのも早いですので、その雑草を抜くのにも一苦労です。
しかし、雑草を抜くというのも、そんなに悪い気持ちはありません。
よく私達は、暇つぶしに、空気のビニールの膜で出来た、通称、『プチプチ』をつぶす時があります。
雑草を抜く感覚は、その『プチプチ』をつぶすのにも似ています。
ですので、雑草を抜く時も、『プチプチ』をやっていると考えれば、良いかもしれません。

雑草は、あまり見栄えは良くないものの、今は、クローバー畑の季節でもあります。
クローバー畑を見ると、どこか、平和な気持ちがしてきますね。
「クローバーは平和のシンボルだ」と、どこかで聞いたことがあります。

緑の広がるクローバーに、白い房の広がるクローバーを見ていると安らぎを感じるかと思います。
そして、アスファルトの地面を歩くよりも、心地良いものです。

また、当然、アスファルトの上の方が暑いですが、クローバー畑の上の方が、さわやかに感じます。
もちろん、クローバーは、植物ですから、多くの水分が中にあるでしょう。
植物の保水能力と言うものですね。
その水分で、その大地の上の温度は低くなっているでしょう。

最近は、都市のビルの屋上にも、植物を生やして、ビルの中の温度を少しでも下げようという努力が見られます。
ですから、今の季節の散歩は、暑いアスファルトの上ではなく、クローバー畑の上の方が良いように感じますね。

時間に余裕のある人は、幸福の4つ葉のクローバーを探しても良いかもしれませんね。

                坂本  誠    P5200146

Powered by Six Apart
フォトアルバム