« 三千三百十三: ディスクロージャーについて_No.27 | メイン | 三千三百十五: 静かな土曜日(独白) »

2013年5月24日 (金)

三千三百十四: 真・善・美

                真・善・美
                 
                 
               
        早春の中
        一人の  うら若き乙女が
        微笑みながら
        琴を  弾いている。
       
        その琴の音(ね)が
        真と  善と  美を  奏でている。
       
        真・善・美が
        三つの小川のように
        流れ、漂い、
        大空に向かって
        長く伸びてゆく。
       
        その三つの川の音が
        重なり合い
        触れ合い
        渦をなし
        きらめきながら
        はるか  宇宙の天頂まで
        昇り続けている。
       
        永遠に  咲き続ける
        花々の塔のように。

 

 

                坂本  誠    20110328114401

Powered by Six Apart
フォトアルバム