« 三千二百一: 遺伝子組み換え食品について_No.3 | メイン | 三千二百三: ディスクロージャーについて_No.12 »

2013年5月 9日 (木)

三千二百二: 散歩について

散歩について考える機会がありました。P5050147

幾つか、以前でも、私のブログ『悲喜憐偉(ひきりんい)』でも、散歩の事について書いています。

意外に、散歩は大事だと思います。
まず、身体を動かすためのウォーキングになります。
健康の増進ですね。
全身の血行を良くしたり、肺にも良い影響を与えることでしょう。
また、歩くと、足の裏の「つぼ」を刺激することがわかります。
「足の裏の『つぼ』が刺激されると、脳みそに良い」と、どこかで聞いたことがあります。
また、散歩をして、自分の周囲をゆったり見回すと、自分の目を休めることにもなるでしょう。

また、精神的に考えれば、散歩は気分転換にもなります。
色々と、一つの事に集中せずに、思考の視野を広げることにもなるかと思います。
ですから、散歩というものは、一種の瞑想の時間だとも考えることが出来ると思います。

一日、少しだけ、身体を動かしながら、瞑想をするのも、心身にとても良い影響を与えるかと思います。P5020144

                坂本  誠   

Powered by Six Apart
フォトアルバム