« 三千二百五十九: お知らせ_No.137 | メイン | 三千二百六十一: ディスクロージャーについて_No.18 »

2013年5月16日 (木)

三千二百六十: 街の散歩

自然の中を散歩するのは、とても、良いことだと言われています。
自然と触れ合う一時は、心を清めてくれるものです。

しかし、自然の中だけではなく、時には、街の中を散歩するのも良いことかと感じます。20100525151747

普段の街並みの中を、ウィンドウ・ショッピングの感じで歩くと、自然に、多くの人とすれ違います。
自然と、人の顔を見るでしょう。
様々な人の表情に触れるということも大事なことだと感じます。

また、ショッピング・センターを中の様々な品物を見るのも、気分転換になると感じます。
また、ほとんど多くのショッピング・センターの屋上には、駐車場があります。
だいたい、それらのショッピング・センターの屋上の駐車場のスペースは広いものでしょう。
それを晴れた日に、散歩がてらに、青空を見ながら、歩いてみるのも一興かもしれません。
最近では、都会の中に、大きな広場が少ないものです。
しかし、そのようなショッピング・センターの屋上の駐車場は、一つの広場と言えます。
そのような場所に行って、都会では見られることが少なくなった、大きな青空を見るのも、良いことかと思います。

街の散歩と自然の中の散歩をうまく組み合わせて、気分転換を図るのも、一興な事だと思います。

                坂本  誠    P4160155

Powered by Six Apart
フォトアルバム