« 三千二百七十三: ディスクロージャーについて_No.20 | メイン | 三千二百七十五: News_No.206 »

2013年5月18日 (土)

三千二百七十四: 海とゆりかご

                            海とゆりかご
                             
                             
                           
        朝焼けの
        乳白色の霧の下に広がる海を見ている。

        よせては返す波。
        さざなみの音もよせては返す。
        僕の記憶は
        はるかな幼な子の  昔へと帰って行く。
        よせては返す  さざなみが
        僕を乗せた  ゆりかごを  揺する  母の手のように思えるのだ。

        今、
        乳白色の霧という時間の向こうに埋め込まれた
        僕のゆりかごは
        海の上で
        波の手と  音の手によって  揺すられている。

        僕は  その  ゆりかごを見るだけで
        手を触れることは出来ない。

        遠い記憶の向こうの
        僕のゆりかごを見ている。
                                        

 
                坂本  誠    Img7da7884378a

Powered by Six Apart
フォトアルバム