« 三千二百七十四: 海とゆりかご | メイン | 三千二百七十六: 遺伝子組み換え食品について_No.6 »

2013年5月19日 (日)

三千二百七十五: News_No.206

おはようございます。

私が今朝まで、目を引いたニュースを、どうかご紹介させてください。
                        

(以下、「朝日新聞デジタル」、2013/5/19記事より引用)
------------------------------------------------
●「民間提言」に経産省が関与  原発の再稼働や輸出求める
http://www.asahi.com/business/update/0519/TKY201305180430.html

電力会社や原発メーカーのトップらでつくる「エネルギー・原子力政策懇談会」(会長・有馬朗人元文部相)が2月に安倍晋三首相に渡した「緊急提言」づくりに経済産業省資源エネルギー庁がかかわり、手助けしていたことがわかった。
提言は原発再稼働や輸出推進を求め、原子力規制委員会の規制基準や活断層評価を批判している。
民間の提言を使い、経産省が原発を動かしやすい環境づくりに動いている。

提言は「責任ある原子力政策の再構築」と題し、有馬会長を発起人とする有志名で出した。
有志に電力会社トップはいないが、日立製作所など原発メーカーや大手商社のトップ、元経産次官の望月晴文氏(日立製作所社外取締役)ら29人が名を連ねる。

A4用紙5枚の提言は原発規制のあり方に約4割を割き、規制委に対して「最高水準の英知と最大限の情報を活用した検討が実現していない」と批判した。
そのうえで「原発再稼働を図るべきだ」などと求めた。、、、

------------------------------------------------
(引用終わり)

==============================
==============================

(以下、「朝日新聞デジタル」、2013/5/19記事より引用)
------------------------------------------------
●ひび入り原発、再稼働を容認  ベルギー原子力規制当局
http://www.asahi.com/international/update/0519/TKY201305180413.html

ベルギーの原子力規制当局は17日、原子炉圧力容器の壁の内部に大量のひびが見つかった原発2基について、「安全要件を満たした」とし、再稼働を認めた。
運転を担う電力会社も同日、「すぐに再稼働の準備を始める」と発表した。

原発は、北部のドール3号機(加圧水型炉)と東部のティアンジュ2号機(同)。
昨夏、超音波検査で大量のひびが見つかり、運転を止めて検証作業を続けていた。
地元報道によると、ドール3号機では8千個超、ティアンジュ2号機では2千個超の小さなひびがあったという。 、、、

------------------------------------------------
(引用終わり)

==============================
==============================

(以下、「毎日新聞」、2013/5/18記事より引用)
------------------------------------------
●東通原発:規制委調査団、東北電の説明打ち切る  報告書案、「活断層」と結論  /青森
http://mainichi.jp/area/aomori/news/20130518ddlk02040199000c.html

東北電力東通原発(東通村)の敷地内断層を調べている原子力規制委員会の有識者調査団は17日に東京都内で開いた第6回会合で、聴取していた東北電からの説明を途中で打ち切った。、、、、
------------------------------------------
(引用終わり)

                坂本  誠   

Powered by Six Apart
フォトアルバム