« 三千二百六十九: 鳥 | メイン | 三千二百七十一: News_No.205 »

2013年5月18日 (土)

三千二百七十: News_No.204

こんばんわ。

私が見かけました、幾つかのニュースと情報をご紹介したいと思います。

(以下、「THE WALL STREET JOURNAL」、2013/5/18記事より引用)
-----------------------------------------

●ソーシャルメディア、CIAの新たな難問
http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887324582304578488131644106790.html?google_editors_picks=true

有効なスパイ技術は長年、自分の正体を隠す隠れ蓑を必要としていた。
例えば仕事、家庭、あるいは日常の雑事など、エージェント(秘密工作員)を過度に注目させないでおくものだ。
今や、そうした計算は、スパイによるソーシャルメディアの利用の仕方にも及んでいる。

元情報当局者によれば、米中央情報局(CIA)がソーシャルメディアの利用に関する基準ガイダンス(指針)を出したのはわずか数年前だ。
だが、こうしたガイドラインで引かれている線は細くて説得力、、、、
            :
            (中略)
            :
米当局は、どの政府機関がフォーグル氏を雇ったのかコメントを拒否している。
同氏の家族は状況を説明しようとしていないし、CIAもコメントを避けている。
            :
            (以下、省略)

-----------------------------------------
(引用終わり)

=================================
=================================

(以下、「朝日新聞デジタル」、2013/5/17記事より引用)
-----------------------------------------

●バチカン銀行、バランスシート公開へ  新法王改革の一環
http://www.asahi.com/international/update/0517/TKY201305170308.html

 

バチカン放送局によると、ローマ法王庁(バチカン)の資産を管理・運用している宗教事業協会(通称バチカン銀行)のフォンフライベルク総裁は、資産状況を記したバランスシートを年末までにネッ、、、
-----------------------------------------
(引用終わり)

=================================
=================================

(以下、「エシュロン - Wikipedia」より引用)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%AD%E3%83%B3
-----------------------------------------
エシュロン(Echelon)は、アメリカ合衆国を中心に構築された軍事目的の通信傍受(シギント)システム。
同国の国家安全保障局(NSA)主体で運営されていると欧州連合などが指摘している一方、アメリカ合衆国連邦政府自身が認めたことはない。
フランス語で「(梯子の)段」を意味する語・échelonに由来する。
            :
            (中略)
            :
            :

250pxaerialmisawa1_3
三沢基地 姉沼通信所(1990年代、米空軍撮影)
            
            :
            (中略)
            :
出典・注記

 

7. 小倉利丸『エシュロン―暴かれた全世界盗聴網 欧州議会最終報告書の深層』(2002年、七つ森書館)ISBN 4-8228-0255-8
8. 朝日新聞2001年6月14日朝刊、ブリュッセル特派員富永格記事「見えてきたエシュロン」。[1]
9. 『軍事研究』2008年11月号(ジャパン・ミリタリー・レビュー)
10. 「池上彰緊急スペシャル  世界が変わった日」フジテレビ,2011年9月11日放送。
11. 朝日新聞2001年6月14日朝刊、ブリュッセル特派員富永格記事「見えてきたエシュロン」。
            :
            (中略)
            :
最終更新 2013年5月15日 (水) 23:09

-----------------------------------------
(引用終わり)

                坂本  誠   

Powered by Six Apart
フォトアルバム