« 三千二百六十七: お知らせ_No.138 | メイン | 三千二百六十九: 鳥 »

2013年5月18日 (土)

三千二百六十八: ケムトレイルについて_No.4

こんにちわ。

三千二百三十四:ケムトレイルについて_No.3』の続きです。

私は以下のビデオを見る機会がありました。
-------------------------------------       
マイケル・マーフィーインタビュー③

http://www.youtube.com/watch?v=t-A6rbm5NIo




YouTube: マイケル・マーフィーインタビュー③

-------------------------------------
私は、このビデオの概要を書きたいと思います。

前回同様、このビデオでは、「ケムトレイル」という雲について、語られています。

天候を変化させる「ケムトレイル」についての、正式な文書があるそうです。
戦争で敵を混乱させるため等のために「ケムトレイル」は用いられたりもするそうです。

気象改変用の氷核を降らせているそうです。
これは、人工的な吹雪を作り出すためのNASAによって所有される型だそうです。

中国人はこの技術を使っていることを自慢しているそうです。
北京で数十億ドル以上の損害を出すまでに彼等は実際にそれについて公開していたそうです。
そして彼等はそれについて話すのをやめたそうです。
ですから、その技術はそこにあるそうです。

「文字通り地球上の全ての生物を犠牲にしての、少数の手に膨大な量の貨幣と政治権力の統合なのです。」
「これが新世界秩序のための最終段階なのです。」
「この問題に対処しなければ、地球の安住な地がなくなってしまうでしょう。そしてそれがどんなに深刻なのかという事なのです。」
「この事について私達が学んだのなら、そしてそれが社会に届けば、、、人々はこのメッセージの準備ができているのです。」

ケムトレイル散布に関して、多くの企業、多くの飛行機がそれらのプログラムに関与していて、多くの企業がここから利益を上げていて、、、
KC135といった多くの軍の飛行機を見ています。

「パイロットは何の知識もあると思いません。」

「彼は壊れない長いトレイルがあるのに気づいたのです。」
100マイル以上続く非常に長いトレイルがあるそうです。

市場では、この微粒子の幾つかの分野は文字通り特定の地域で計測され、、、、
いくつかの技術が計数回路のためにHAARPシステムをやっているのです。
「私達はこのプログラムを低下させる最も早い方法は関与している人々のハートを通してだと信じているのです。」

「ですから明らかに、最大の事は国民の意識の波を振り向かさせる事で、」
「天候を操作するという信じられない様な事が正しく現実で正しく行われているという事を人々に知らせる事なのです。」
「彼はハリケーンや天候操作を行う企業の株を所有し」
「地球工学の株も所有し、研究のために助成金を与えています。」
「株式を所有し、北極種子金庫に関心を持っている人物であり、そこではオリジナル家宝種子や全てを保管しています。」
「彼らは既に政府を買収していて、彼らは止める気配もなく、彼らは不妊の原因を作っていて、」
「もし天候を所有するのなら、世界中の政策を所有しようとするはずで」
「彼らは止めることをしないのです。」

「それらの企業が目的を達成するため、天候に強い影響を与える為に私達の空にエアロゾルは必要とされているのです。」

「『天候を支配するならば、地球を支配するのです。』」

「ですから、これを報道してくれてありがとうございます。」
「このメッセージを世界へ引き出す為に私達と提携していただき」
「本当に感謝しています。」
「そしてあなたと同様に、来ていただきありがとうございます。」
「そして明らかに国民の意識が鍵となりますね。」

「マイケル・J・マーフィー、どうもありがとうございます。」
「おやすみなさい。」
-------------------------------------
私は、「マイケル・マーフィーインタビュー③ 」のビデオの内容の概要を書かせていただきました。

(過去記事)
-------------------------------------
『三千百九十五: ケムトレイルについて_No.1』

http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no1-6123.html

『三千二百: ケムトレイルについて_No.2』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no2-aac6.html

『三千二百三十四: ケムトレイルについて_No.3』
●反駁できない真実:故意に私達を毒している米国の軍隊
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no3-505e.html

                坂本  誠   

Powered by Six Apart
フォトアルバム