« 三千三百三十二: 飛翔 | メイン | : 特別段 »

2013年5月30日 (木)

三千三百三十三: ディスクロージャーについて_No.33

こんにちわ。

今日も、CHD((2013年4月29日から2013年5月3日まで、米国の議員達も招かれた、ワシントンDCのナショナルプレスクラブでの、UFOについての公聴会ディスクロージャー))の記事を紹介させてください。

三千三百三十一:ディスクロージャーについて_No.32』で、ご紹介したビデオで、「Church Connection(教会との関連)」というものを掲載しましたが、そのビデオ内で、交わされていた内容の記事のようです。
しかし、下の記事よりも、多くの会話が交わされたと思います。

今日、ご紹介するビデオは、「Citizen Hearing: Stanton Friedman Interview 」です。
この人は、『三千三百二十六: ディスクロージャーについて_No.31』の段で、紹介している原子物理学者、スタントン・フリードマンさんです。

Citizen Hearing: Stanton Friedman Interview
http://www.youtube.com/watch?v=bOmLEzLoGLk




YouTube: Citizen Hearing: Stanton Friedman Interview

(以下、「Huff Post  WEIRD NEWS」、2013/4/30記事より引用と翻訳)
===============================
●委員会のメンバー達は、今週を越えての公聴会を行うための、答えを探しています

http://www.huffingtonpost.com/2013/05/03/citizen-hearing-on-disclo_3_n_3208536.html?utm_hp_ref=weird-news#14_committee-members-look-for-answers-to-take-hearing-beyond-this-week

Link to this ---> http://huff.to/135YgXY

議員、キルパートリック:

答えがもう一つの別の議会の公聴会を開催することであるかどうかは、私にはわかりません。
この問題の知識のために集まることは、緊急的なものであることに、私は同意します。
空軍は、この点のために来るでしょうか。
そして、全ての私達を助けるために、この問題のために何がなされうることでしょうか。

フレンチ:

何かがなされなければなりません。

シーハン:

UFOについての意識を変えることは、宗教的な制度を切り抜けなければなりません。

ドーラン:

もし、UFOのエネルギー・パラダイムの解決方法があるならば、それは、全てのものの価値があります。
私達が、公開の中でそれを全て外に出すことが出来る全てのものの価値の中にです。

上院議員、グラヴェル:

今週末までに、あなた方全ては、新しい国連タイプの提案を立案することが出来たでしょうか?
その提案は、私達をグローバリスト対ナショナリスト(「世界主義者」対「国家主義者」)になるのを援助する提案だったでしょうか?

-------------------------------------------
Committee Members Look For Answers To Take Hearing Beyond This Week

1:45 AM - 04/30/2013

Cong. Kilpatrick: ”I don’t know if the answer is to have another congressional hearing. I agree that coming together to acknowledge this problem is urgent. Will the Air Force ever come to this point, and what can this issue do to help all of us.”

French: “Something’s got to be done.”

Sheehan: “The altering of consciousness about UFOs will have to come through religious institutions.”

Dolan: “If there’s an energy paradigm solution to UFOs, that’s worth everything we can do to get it all out in the open.”

Sen. Gravel: “Could all of you draft a new U.N.-type proposal by the end of this week that can help us become globalists vs. nationalists?”
===============================
(引用と翻訳終わり)

(過去記事)
-------------------------------------
『三千三百三十一:ディスクロージャーについて_No.32』
●CHD、2日目:核ミサイル・サイト上のUFO群とイギリス軍の遭遇を調べます

http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no32-dd23.html

『三千三百二十六: ディスクロージャーについて_No.31』
●原子物理学者、スタントン・フリードマン

http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no31-8e9d.html

『三千三百二十三:ディスクロージャーについて_No.30』
●UFO歴史パネルは、ドキュメンタリー映画『シリウス』の製作者、兼、プロデューサーのスティーブン・グリアで開始されます

http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no30-1fc3.html
                :
                (省略)
                :
『三千三百六: ディスクロージャーについて_No.26』
●前カナダ防衛大臣、ポール・ヘルヤーが、CHDの5日間を締めくくります

http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no26-5742.html

『三千二百九十八:ディスクロージャーについて_No.25』
●CHDセッションのための合図を送る核ミサイル・サイト上での複数のUFO

http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no25-4904.html
                :
                (省略)
                :
『三千二百八十:ディスクロージャーについて_No.21』
●博愛家ローランス・ロックフェラーとUFOについての幾つかの文書

http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no21-b19d.html

『三千二百七十三:ディスクロージャーについて_No.20』
●論争の的である「マジェスティック・ドキュメント」が発表されます。

http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no20-d305.html

『三千二百六十五:ディスクロージャーについて_No.19』
●アメリカ空軍、Ret.中佐リチャード・フレンチは、衝撃的なロズウェルの証言をします

http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no19-952c.html

『三千二百六十一: ディスクロージャーについて_No.18』
●午後の場は、ロズウェルUFO事故証言で満たされています

http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no18-0c25.html
                :
                (省略)
                :
『三千百八十二: ディスクロージャーについて_No.7』
●匿名の目撃者は、エリア51とエイリアンとアイゼンハワーについてにギョッとさせる証言を行います。

http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no7-07e4.html
                :
                (省略)
                :

(参考文献)
-----------------------------
公開プロジェクトの摘要書

http://www4.ocn.ne.jp/~ds08pro/

Citizen Hearing On Disclosure:
http://www.citizenhearing.org/JP/index.html 

「マジェスティック・ドキュメント」
http://majesticdocuments.com/
-----------------------------

                坂本  誠   

Powered by Six Apart
フォトアルバム