« 三千二百五十一: 足について | メイン | 三千二百五十三: 朝のボロブドゥール遺跡 »

2013年5月15日 (水)

三千二百五十二: ディスクロージャーについて_No.17

こんばんわ。

三千二百四十一:ディスクロージャーについて_No.16」の続きです。

今夜も、CHD((2013年4月29日から2013年5月3日まで、米国のワシントンDCのナショナルプレスクラブでの、UFOについての公聴会ディスクロージャー))の記事を紹介させてください。

「Huff Post  WEIRD NEWS」での、記事は、様々な証言を聞いた側の国会議員の方の発言です。




YouTube: Whatever is out there is Way more Intelligent than our Technology today

Whatever is out there is Way more Intelligent than our Technology
http://www.youtube.com/watch?v=6FkJRQfnXgs

(以下、「Huff Post  WEIRD NEWS」、2013/5/3記事より引用と翻訳)
===============================
国会議員、キャロリン・キルパトリックは、公聴会で、このように、ここまで示された証言を称賛しています

http://www.huffingtonpost.com/2013/05/03/citizen-hearing-on-disclo_3_n_3208536.html?utm_hp_ref=weird-news#40_cong-carolyn-kilpatrick-praises-the-testimony-thus-far-presented-at-the-hearing

Link to this ---> http://huff.to/165UQHu

(以下の写真の)国会議員、キルパトリックは、私的なパイロット達、商業的なパイロット達、そして、軍のパイロット達の証言に、非常に動かされて、現れました。
また、彼女は、同様に、その週の間の、先のパネルの目撃に、非常に動かされて、現れました。


(今週の全てにおいて),
私は、その話題上の、最も知的で、科学的で、普遍的な知識の一部を聞きました。
その話題とは、私は、目撃しようとは思わなかったものの話題でした。
昨日、私達は、12の異なる国から来た人々の情報を聞きました。
その人々は、この主題に関して、数百年もの科学的で、知的な情報を持っています。


それは、私達、人間にとってふさわしいものです。
それは、世界で最も偉大な国として知られているものの中で、その議論に参加することです。
何かが存在しないようにふるまうこと、それから、さらにそれが冗談のようにふるまうこと、それは、私達が、私達の先祖、神、そして、世界の人々への害をなすことを意味しています。


私は、世界と宇宙に続けて欲しいです。
そして、もし、(宇宙の)向こうに何かがあるならば --- (私は科学者でありませんが) --- 私達の知らない多くの全てが、あるでしょう。
思うに、必要性あって、私達が宇宙を知ろうと続けているものを捜さない人々は、無知の人々でしょう。


今朝のパネルの前に、私は確信していました。
そのパネルの向こう側には、おそらく、何かがあるのでしょう。
そして、私は、以下のものを知るために、私は残りの人生を働こうという気があります。
もし、それがそうであるならば、私たち全てが、より品質の良い生活を得るの理解するために、私達が、どのように、宇宙のものを高めることができるかをです。

Okilpatrickday55701
-------------------------
1:17 AM - 05/ 4/2013
Cong. Carolyn Kilpatrick Praises The Testimony Thus Far Presented At The Hearing

Cong. Kilpatrick (pictured below) appeared very moved by the testimony of the private, commercial and military pilots as well as previous panel witnesses during the week.

"[All this week], I've heard some of the most intelligent, scientific and universal knowledge on the topic that I didn't know I was going to witness. Yesterday, we heard from 12 different countries who have hundreds of years of scientific intelligent information on this subject.

"It behooves us, as human beings, in what is known as the greatest country in the world, to participate in that discussion. To not act like something exists and then to further act like it's a joke, we do a disservice to our ancestors, to God and to the people of the world.

"I want the world and the universe to continue. And if there is something out there -- and I'm not a scientist -- there's a whole lot we don't know. I think it's ignorant of any people not to seek out what we need to know to continue the universe.

"I was convinced before this morning's panel that there probably is something out there, and I'm willing to work the rest of my life to see that, if it is, how we can enhance the universe to see that we all have a better quality of life."
===============================
(引用と翻訳終わり)

                坂本  誠   

Powered by Six Apart
フォトアルバム