« 三千二百十二: News_No.186 | メイン | 三千二百十四: 白い炎 »

2013年5月10日 (金)

三千二百十三: ディスクロージャーについて_No.13

こんばんわ。

三千二百三: ディスクロージャーについて_No.12」の続きです。

2013年4月29日から2013年5月3日まで、米国のワシントンDCのナショナルプレスクラブでの、UFOについての公聴会ディスクロージャーは、Ctizen Hearing Disclosure の頭文字を取って、CHDと呼称されているようです。
最近は、このCHDの翻訳が多くなっています。

動画の方も、たくさんあるようなので、一つのものを紹介しておきます。




YouTube: Implants & Nano-Technology

Implants & Nano-Technology
http://youtu.be/UFHtMcB1rK4 

上の動画の中でも紹介されている、ロジャー・ライアー博士による、医学関係からの証言です。

(以下、「Huff Post  WEIRD NEWS」、2013年5月4日記事より引用と翻訳)
===============================
ロジャー・ライアー博士の注入手術とUFO問題に強く関係のある問題を、会場のパネルは、大きく取り上げています。

http://www.huffingtonpost.com/2013/05/03/citizen-hearing-on-disclo_3_n_3208536.html?utm_hp_ref=weird-news#42_technology-panel-features-dr-roger-leirs-implant-surgery-and-its-alleged-relationship-to-the-ufo-subject

Link to this ---> http://huff.to/ZtboSH

5:39 AM - 05/ 4/2013

(左から)ロジャー・ライアー博士、物理学のエンジニア、トーマス・ヴァロン、スティーブン・グリア博士と航空エンジニア、ロバート・ウッドが、会場のパネルに映し出されていました。

Otechnologypanelday55701

このセッションの間に、ライアー(足の病気を治療する医者)は多数の手術について記述しました。
それらの手術は、彼が一つの医学チームとともに実行したものです。
そのチームの中において、彼等は普通でない小さな物体を人々から取り除きました。
そして、その人々とは、エイリアンの誘拐を経験したと主張した人々なのです。

Orogerleir5701


足の病気を治す分野の外科的な手術における私の50年内に、文字通り、私は人間の足から何百もの物体を取り除きました。
それらは、紙、ガラス、金属と石も含んでいました。


私の研究に関係する人々の全員が、その取り除かれた物体のために気付くことのできる穴の入り口を、全て、示すことは出来ませんでした(訳者注:つまり、物体を入れた際に挿入した筈の穴や傷の跡が全く無い)。
見ることのできる傷跡形成がありませんでした。
そして、皮膚の完全な中断もありませんでした(訳者注:皮膚の上に、何らかの痕跡も無い)。
調査が拡大しているループ上で実行された時でさえもです。
その研究中の全ての人々は、ポジティブ・X線、または、CTスキャンが示している金属的、またはより小さく密集した異物を、見せることが出来ました。


加えるに、電波の周波数検出器の使用により、私達は以下の事を検出することが出来ました。
FMバンドの、ある確かな無線周波数が、その物体から発信されていました。
私達が行った全ての手術は、目撃者、ビデオ、スチール写真と共に文書化されました。


私達には、以下の事がわかります。
全ての病理学的レポートで、全く炎症を起こす反応はありません。
また、拒否反応もありません。
それらは私達が物質的な科学において発見したものではありません。
また、それらは、人体に炎症を起こす反応を全くもたらさないでしょう。

----------------------------------------------
5:39 AM - 05/ 4/2013

Technology Panel Features Dr. Roger Leir's Implant Surgery And Its Alleged Relationship To The UFO Subject

The technology panel (being sworn in below), consisted of (from left) Dr. Roger Leir, physics engineer Thomas Valone, Dr. Steven Greer and aeronautical engineer Robert Wood.

During this session, Leir, a podiatrist, described the numerous surgeries he's performed with a medical team in which they removed unusual small objects from people who claimed to have experienced alien abduction.

"In my 50 years of podiatric surgical practice, I have removed literally hundreds of objects from the human foot, including paper, glass, metal and stones.

"All of the individuals involved in my study all presented no noted portal of entry for any of the objects that were removed. There was no visible scar formation and no interruption of the integrity of the skin, even when examination was performed with a magnifying loop. All the individuals in the study presented positive X-rays or CT Scans showing metallic or lesser dense foreign objects.

"In addition, by use of a radio wave frequency detector, we were able to detect that certain radio frequencies in the FM band, were being emitted from the object. All the surgeries we performed were documented with eyewitnesses, video and still photography.

"We find that, in all pathological reports, there is NO inflammatory reaction, there is no rejection reaction. There is nothing that we have found in material science that will produce absolutely no inflammatory reaction in the human body."
===============================
(引用と翻訳終わり)

                坂本  誠   

Powered by Six Apart
フォトアルバム