« 三千九十一: 春とピアノ | メイン | 三千九十三: 音 »

2013年4月 5日 (金)

三千九十二: 幸せとエッセイ

こんばんわ。

昨日、私は、『三千九十:許しについて』というエッセイを書きました。

「人間は許す存在だ」と書きますと、どうしても、人は、弱くて、軟弱な存在のように感じないでしょうか。
しかし、軟弱な人間であっても、良くないことは、多くの人も感じるところだと思います。
なぜならば、人は雄々しくも、空を飛ぶばかりの、勇気を持った存在でないといけないと、私は思うからです。

私が高校1年生の頃に、本屋を歩いていて、ふと、目にした本を購入しました。
それは、岩波書店の「エピクロスの園」(アナトール・フランス  著、大塚幸男  訳)です。
1894年11月7日に初版が出されています。

この邦訳版は、今でも、私の手元にあります。
実に様々な方面から、私達の世界を見て、エッセイにしているのです。
高校生の当時の私は、この本を繰り返し読んで、胸を熱くしたものでした。
つまり、色々と学びました。

そのエッセイ集の内容に、人は、勇気なり、熱い何かを感じるかもしれません。
以下に、その引用をご紹介します。
『科学的真理とモラル』と『われらが人生の園』という二つの断章をご紹介します。
人が何かを感じ取ってくだされば、幸いです。

        『科学的真理とモラル
----------------------------------------------

科学に何らかのモラルを求めることは、残酷な当てはずれに陥ることである。
三百年前には、地球は天地万物の中心であると信じられていた。
われわれは今日では、地球は太陽の凝結した一滴にすぎないことを知っている。
                    ;
                    (中略)
                    ;
しかしわれわれのモラルはそのような驚異的発見の数々によってどんな点で変わったであろうか?
母親たちはそのために自分の小さな子供たちをこれまで以上に可愛がったり、これほどまでに可愛がらなかったりするようになったであろうか?
われわれはそのために女の美をこれまで以上に感じたり、これほどまでには感じなかったりするようになっているであろうか?
心臓はそのために英雄たちの胸の中でこれまでとはちがった具合に高鳴るであろうか?
いや!  いや!
地球が大きかろうと小さかろうと、そんなことは人間にとってはどうでもいいことだ。
人がそこで苦しみ、そこで愛しさえすれば、地球は充分に大きい。
苦悩と愛、これこそが地球の汲めども尽きぬ美しさの切っても切り離せぬ二つの源泉である。
苦悩!
これはその価値を正しく認められないでいる何という聖なるものであろうか!
われわれの裡にある一切のよいもの、人生に価値を与える一切のものは苦悩のたまものなのである。
憐れみも、勇気も、苦悩のたまものなのである。
徳という徳はすべてこれ苦悩のたまものなのである。
地球はもろもろの世界という無限の砂漠の中の一粒の砂にすぎない。
しかし、人生が苦しむのは地球においてだけだとすれば、地球は世界の他のすべてのものよりも大きい。
いや、わたくしは何をいっているのか?
地球は一切であり、他は無である。
                    ;
                    (中略)
                    ;
わたくしの弱さはわたくしにとって大切なのだ。
わたくしはわたくしの不完全さに執着する。
それがわたくしの存在理由なのだ。

----------------------------------------------

        『われらが人生の園
----------------------------------------------

「苦痛」をゆるしてやろうではないか、そしてわれわれがこの人生で所有している幸福よりも大きな幸福を想像することは不可能であることを銘記(めいき)しようではないか。
あんなにも美しくあんなにも苦く、あんなにも悪くあんなにも善く、理想的であると同時に現実的なこの人生は、あらゆるものを蔵していて、ありとあらゆる対照を和解させるものなのだ。
ここにこそわれわれの庭園はある。
この庭園をこそ熱心に掘り起こさなければならない。

----------------------------------------------
(このエッセイ集「エピクロスの園」の中の、他の断章は、機会ある時に、ご紹介します。)

許し、慈しみ、勇気、雄々しさ。
対極にあるようなものを、総合的に、人生の中で、学んでいく私達は、どれほど、幸せな存在でしょうか。

時には、私達は悲しみや苦しみも経験はします。
しかし、それらを乗り越えて、自分にとって、何か得られるものがあったら、それは高い山の上から見る朝陽のようなものではないでしょうか。
ここで、もう一度、上に挙げた断章の『科学的真理とモラル』と『われらが人生の園』を読み返して頂くことをご期待します。

                坂本  誠  P4050151  

Powered by Six Apart
フォトアルバム