« 三千百五十二: 「トランジション」について_No.11 | メイン | 三千百五十四: 遺伝子組み換え食品について »

2013年4月29日 (月)

三千百五十三: 音と光

                音と光         
            
             
            
        暗闇の中で
        イヤホンをして
        静かな音楽を聞いている。

        私の  頭の中は
        一つの真っ暗な洞窟だ。
        その洞窟の中で
        行き交う  音が  光となって
        輝いている。

        洞窟の
        上にも  下にも  奥にも、
        音の光が  明滅している。

        光と音で  まぶされた  沢が
        頭の中を  ゆったりと流れる。
        暗闇の中の
        洞窟の  小川のように。

        洞窟の中で
        乱反射する  音のように、
        頭の中の洞窟で
        光と音が  入り乱れて、
        きらめきながら  反射し続ける。

        耳から耳へ
        清らかな沢が  流れて
        響き続ける。

 

 

              坂本  誠    _no3

Powered by Six Apart
フォトアルバム