« 三千百五十五: ディスクロージャーについて_No.3 | メイン | 三千百五十七: News_No.171 »

2013年4月30日 (火)

三千百五十六: 天女

                        天女

 

        天女達が
        静かに宙を漂う。
        天女達の  重さの無い衣が
        朝日を受けて
        音楽を奏でているかのよう。

        朝のまばゆい光で
        織り上げられた
        妙なる調べか。
        その  きらびやかな音楽が
        青空に  そっと溶け込んでゆく。

        天女の舞いが
        澄み切った  青空の中で始まる。
        彼女達の笑顔も
        ほのかな光を
        匂わせているかのよう。

        衣の輝きと  音楽と  彼女達の笑顔が
        煙のように
        波のように
        幾重(いくえ)にも  重なり合わされて
        ハーモニーをなしてゆく。

        天女達が  手をつないで
        太陽の周りを取り囲む。
        天女達が
        青空の中で
        円をなす  一つの虹となる。

 

                        坂本  誠    Pb200148

Powered by Six Apart
フォトアルバム