« 三千百四十九: 額縁(がくぶち)について | メイン | 三千百五十一: ディスクロージャーについて_No.2 »

2013年4月28日 (日)

三千百五十: ラプチャー(空中携拳)

            ラプチャー(空中携拳)
       
         
       
        いつか
        曇った日の天に
        光が射した。

        雲が  その光で割れて、
        そこから
        私の一番愛する人が
        静かに  降りて来た。

        その光の上に
        たおやかな音楽が乗って。

        幾百の子供の
        天使を引き連れて。

        その一人一人の
        子供の天使が
        泡のように小さくなって
        輝き始めた。

        そして
        その泡が
        一つ一つ  手をつなぎ、
        私の愛する人を囲む
        鎖の円となった。

        そして
        その鎖の円は  回転しながら
        光の明滅を始めた。

        天使達は
        私の愛する人の
        光輪となった。

 

 

        私の愛する人は
        私の手を取った。
        その手も
        やわらかい  音楽で
        出来ているかのようだった。

        そして
        私を静かに
        天に引き上げ始めた。

        私は宙に浮きながら
        私の住む街並みを眺めた。

        街を見下ろしながら
        私は
        天に引き上げられていった。
        音楽と共に。
       
         
       
 

                坂本  誠    P9300148

Powered by Six Apart
フォトアルバム