« 三千九十三: 音 | メイン | 三千九十五: 笑顔 »

2013年4月 6日 (土)

三千九十四:「トランジション」について_No.2

三千八十九:「トランジション」について_No.1』で、紹介した「Transition United States」の続きです。
この「Transition United States」というのが、「新しい社会システムを作ろう」という試みであることがわかります。
イギリスと米国で、開始されているのも、わかります。

以下に出て来る「トランジション」の言葉は、固有名詞化されていて、全て「移行」という意味があります。
また、「イニシアティブ」と言う言葉は、日本語に訳すと、「独創力」とか「進取的精神」と辞書にありますが、これも、固有名詞化されているので、訳文には、そのまま、「イニシアティブ」と書きました。
また、本文中の構成図も
http://transitionus.org/our-storyからの引用です。

(以下、翻訳)
--------------------------------------------------

Welcome | Transition US
http://transitionus.org/home

Our Story
http://transitionus.org/our-story

●私達の歴史

私達の展望は、以下のものです。
アメリカ合衆国の各々のコミュニティは、化石燃料を越えての未来のために非凡で歴史的な移行を自由にするために、集合的な創造力を集めました。
より力強くて、より豊富で、より回復力のある未来のためのものです。
それは現在のものよりもはるかに望ましいものです。

●ミッション

米国トランジションは、アメリカ合衆国の全域で回復力のあるコミュニティを作るための資源と促進剤です。
それは厳しいエネルギー・ショック、気候・ショックまたは経済・ショックに耐えることができます。
そのプロセスでより良い生活の質を作りながら。
個人とそのコミュニティを奮い起こし、励まし、サポートして、ネットワーク化して、訓練することによって、私達は、任務を達成します。
コミュニティの仕事と変化のためのトランジション・アプローチを考慮して、採用して、適応させ、実行するので、私達は、任務を達成します。

トランジション・アプローチは、4つの鍵となる前提に基づきます。

1.
劇的なエネルギー消費の低下による生活は、避けられないものです。
そして、不意に引き起こされるよりも、それらのために計画することはより良いことです。

2.
現在、私達のコミュニティは回復力が欠如しています。

3.
私達は集合的に行動しなければいけません。
そして、コミュニティ回復力を築き上げ、化石燃料なしでの生活に備えるために、私達は現在行動しなければなりません。

4.
私達のコミュニティの集合的な才能を解放することにより、生活の新しい方法を設計することができます。
それは、より滋養のあるものであり、より完了されていて、生態学上に耐えうるものです。

●重要な行動ゴール

1.
一緒に働く必要の認識を上げること。
化石燃料の減少、気候変動、経済危機に直面して回復力を構築すること。

2.
トランジション・イニシアティブの出現と成長を支えること。
そして、アメリカ合衆国のすべての地域のリーダーの出現と成長を支えること。

3.
トランジション・イニシアティブでのアメリカ合衆国の多様性を反映すること。
彼らの地元のコミュニティの全ての主要な、文化的な、人口統計上での区分を含むイニシアティブの努力を支持することによって。

4.
高度な教育、訓練、相談の継続した発達と交付を支持すること。
アメリカ合衆国でのトランジションの動きの進歩の支持の中で。

5.
アメリカ合衆国内での米国トランジションとトランジション・イニシアティブのために財政的な持続性を達成すること。

●歴史

トランジション運動は、パーマカルチャー教育者(ロブ・ホプキンス)の仕事から生まれました。
そして、ロブ・ホプキンスの学生であるアイルランドのキンセール・ファーザー・エデュケーション大学の人々からも生まれました。
2005年前半には、彼らはキンセール・エネルギー降下行動計画をつくりました。
それは後に、タウン会議で方針として採用されました。
それは、その種類の文書を計画している最初の重要なコミュニティでした。
そして、エネルギー供給の問題をも越えたコミュニティでもありました。
それは、全般的な創造的な適応を見るためのものです。
食物、農業、教育、経済、健康、その他たくさんの領域での適応を見るためのものです。

ロブは博士号を完了するために英国へ戻った後に、石油枯渇問題の準備のプロセスをしようを決心しました。
彼の教室を超えて、そして、コミュニティの中でもその準備のプロセスをしようとしました。
2006年前半に、彼はトランジション・タウンの費用計算を始めました。
そして、それはロケットが飛び立つように始まりました。
その後、それは、ウイルスのようにグループとして世界中で広がりました
他のコミュニティの中でもそのモデルを素早くコピーしました。
そして、彼ら自身の地域でトランジション・プロセスを始めました。

2006年後半に、トランジション・ネットワークは英国で設立されました。
この運動の急速な国際的な成長をサポートするためにです。
2007年にアメリカで高いレベルの関心が増えたことは、米国トランジションの発進を導きました。
トランジション・ネットワークと協力して、私達は、国のサポート・ネットワークとして開設されました。
なので、私達はトランジション・イニシアティブへの調整、支持、トレーニングの役割を引き受けることができました。
彼らが国の全域で現れるかのようにその役割を引き受けました。
「職務遂行」のプロセス、つまり、国の内部のトランジション・イニシアティブのプロセスは、米国トランジションにも譲り渡されました。

2008年12月、米国トランジションは、トランジション・トレーニングの英国創始者を招待しました。
その英国創始者とは、ナレッシュ・ギアングレイドとソフィ・バンクです。
国を超えて、一連のトレーニング・コースと会談をするために、彼等は招待されました。
すべてのコースは、売り切れました。
売り切れたものの1つは、就任、4日間での「トレーナー養成」コースでした。
私達が21人チームを選んで、訓練したコースです。
現在、国中で、彼等は2日間の「トランジションのためのトレーニング」コースを促進しています。

2008年1月(訳者注:原文の方の2009年1月の誤記かもしれません。)、私達は、民間投資家からの寄付によって補われたポスト・カーボン研究所から、最初の資金を受けました。
この資金は米国トランジションを非営利的団体にすることを可能にしました。
また、それは、オフィスを開き、スタッフを雇い、新しいウェブサイトを開発することも可能にしました。
最後に、私達の資金は、私達の行動の中核の機能を続けるのに用いられるでしょう。
ここ、アメリカ内でのトランジションの動きの促進剤としての資金です。

●構造

米国トランジションは、トランジション・ネットワークがモデルになっています。Structure1
視覚的に、そのモデルはイメージ的に右側にあるように表現されています。
トランジション運動の有機的な出現に合わせつつ、そのモデルは、生きている細胞、生物学的なシステムがモデルになっています。

イニシアティブの様々な尺度は、有機的に現れます(センターの黒い円)。
彼らに最適であると感じる尺度で、現れます。
彼らはトランジションの目的と方針によってガイドされたものです。
地域のグループは、トランジション・イニシアティブの「ハブ」を作ると同時に、それをネットワーク化するかもしれません。
それは、共通の目的のために働きます。

図の中で、米国トランジションは、白く取り囲んでいるリングで現されています。
それは、各々のイニシアティブとハブを囲みます。
それは細胞膜のように機能します。
そして、より広いトランジション・ムーブメントの目的と方針を安置しながら、機能します。
そして、その円を拡大させ続ける促進剤としても機能します。
そのイニシアティブの数がその成長を含みながら。

米国トランジションは、イニシアティブとハブの様々なレベルの間で、円滑で効果的なネットワーク化を促進します。
同様に、異なる関心のある団体の間でも、ネットワーク化を促進します。
たとえば、様々な食物やエネルギー、または経済的なグループが通信するのを可能にすることを促進します。
米国トランジションは、良い行動を分かち合い、国のイベントを創立します。
また、トランジションは、地理上の地域によって、文化によって、そして、プロジェクトのサイズによっても、ネットワーク化を可能にします。

米国トランジションの役割は、絶えず再論評し、そして、協力して洗練することです。
それはトランジションが意味しているものです。
また、米国トランジションの役割は、トランジション・イニシアティブと外部のパートナーと協力者の間でネットワーク化の最大量を可能にすることです(取り囲んでいるリングの外にある白い円によって表されたものです)。
外側のリングの内側の幾つかの円は、トランジションのために結合している新しい房(ふさ)を表します。
例えば、トランジション・コンサルタント/トランジション地域行政/トランジション大学です。

----------------------------------------------------
(翻訳終わり)

 

                坂本  誠   

Powered by Six Apart
フォトアルバム