« 三千百四十七: 春の音楽 | メイン | 三千百四十九: 額縁(がくぶち)について »

2013年4月28日 (日)

三千百四十八: 罰金について_No.3

これは、『二千九百三十五: 罰金について_No.2』の再掲載です。
--------------------------------------------------------
こんばんわ。

罰金について考える機会がありました。
交通違反などをした際に、違反者に対して、罰金が取られたりします。
また、その他の犯罪にしても、「幾らの罰金を徴収する」と、よく聞きます。
また、「保釈金」と言って、刑務所から出るために裁判所に出される罰金とも言えるようなお金があります。

しかし、「その裁判所などに納められた後の罰金とは、どのように処理されているのだろうか?」と、ふと考える機会がありました。

                坂本  誠   

Powered by Six Apart
フォトアルバム