« 2013年3月 | メイン | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月30日 (火)

三千百五十六: 天女

                        天女

 

        天女達が
        静かに宙を漂う。
        天女達の  重さの無い衣が
        朝日を受けて
        音楽を奏でているかのよう。

        朝のまばゆい光で
        織り上げられた
        妙なる調べか。
        その  きらびやかな音楽が
        青空に  そっと溶け込んでゆく。

        天女の舞いが
        澄み切った  青空の中で始まる。
        彼女達の笑顔も
        ほのかな光を
        匂わせているかのよう。

        衣の輝きと  音楽と  彼女達の笑顔が
        煙のように
        波のように
        幾重(いくえ)にも  重なり合わされて
        ハーモニーをなしてゆく。

        天女達が  手をつないで
        太陽の周りを取り囲む。
        天女達が
        青空の中で
        円をなす  一つの虹となる。

 

                        坂本  誠    Pb200148

三千百五十五: ディスクロージャーについて_No.3

こんばんわ。

三千百五十一:ディスクロージャーについて_No.2」の続きです。

昨日(2013/4/29)から、米国のワシントンDCのナショナルプレスクラブで、米国市民の40人ぐらいの人が、UFOの目撃や証言を前米国議員の前で行っているようです。
日本時間だと、深夜になります。

インターネット上でも、配信されているようですが、なぜか、昨夜の公聴会の生中継の様子が、その番組の途中で、真っ黒表示になり、映像が見られなくなったとあります。
いきなり、「真っ黒表示」になったという、真の原因は、ちょっと、よくわからないものの、最後まで、映像が配信されなかったことには、多くの人が残念に思うのではないでしょうか。
今日も、公聴会があるそうなので、行方を知りたいと、私も思います。
----------------------------------------------
画像のいきさつの状態を下に書きます。

ブログ「毎日ありがとうございます♪」様から、写真を引用させていただきます。

2013/4/29記事「ディスクロージャー公聴会~かなり“やって”いるようです。今こそ愛の想念と自らの光を放ちましょう。」より
http://ameblo.jp/kame2468/entry-11520971426.html

写真にもあるように、番組の初めの方は中継されているのですが、途中から、真っ黒の画面が表示されていることがわかります。

画面の下の時計を見ますと、23時33分までは、画像が流れていることがわかります。
しかし、23時51分には、画面が真っ黒になったことが確認できます。

T02200187_07940675125191513331_2

T02200188_06940594125191513201_5

                坂本  誠

 

三千百五十四: 遺伝子組み換え食品について

昨今、遺伝子組み換え食品(GM)について、色々と言われています。
私達は、どのような食品が、遺伝子組み換え食品なのかを知る必要があるかと感じるかもしれません。

私が知るところでは、インターネット・フリー百科事典の「Wikipedia」の項目の、

遺伝子組み換え作物 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%BA%E4%BC%9D%E5%AD%90%E7%B5%84%E3%81%BF%E6%8F%9B%E3%81%88%E4%BD%9C%E7%89%A9

を、ご参照いただけると、このブログの読者の方々は、多くの遺伝子組み換え食品を知ることが出来るでしょう。
このページをご覧いただけると、読者の方々は、多くの遺伝子組み換え食品の種類を知ることが出来るでしょう。

お店で売られている「キャノーラ油」は、遺伝子組み換え食品であることが知られています。
それについては、以下に書きます、「菜種油 - Wikipedia」をご参照ください。

菜種油 - Wikipedia
================================================
菜種油
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%9C%E7%A8%AE%E6%B2%B9
        ;
        ;
最近のキャノーラ品種

欧米では、遺伝子組換え技術を利用したラウンドアップレディー(グリホサート耐性)品種、リバティーリンク(グルホシネート耐性)品種が主力であり、カナダを中心に生産され、遺伝子組換え食品として、大量に日本に輸出されている。
        ;
        ;
最終更新 2013年3月25日 (月) 15:42

================================================

---------------------------------------------
また、ホームページ「遺伝子組み替え/GMO/naoru/危ない食品」

http://www.naoru.com/idensi-kumi.htm

には、わかりやすく、遺伝子組み換え食品がリスト化されています。
(種類は少ないですが。)

そのリストを見ますに、ダイズ、トウモロコシ、ジャガイモ、テンサイ、菜種、レタス、カナダのプリンスエドワード島の養殖場の鮭、、、等と書かれています。
しかし、「遺伝子組み換え作物 - Wikipedia」の方が、多くの種類を記載しています。

ちなみに、「遺伝子組み替え/GMO/naoru/危ない食品」の中には、以下の文章もあります。
----------------

大豆の中に意図せずに組み替え大豆が混入した場合・・・・何%までなら『遺伝子組み換えでない』と表示できるか?
        ・日本・・・・5%以下
        ・韓国・・・・3%以下。
        ・欧州・・・・0.9%以下

----------------
ですから、消費者にとっては、「日本よりも、欧州の方が、遺伝子組み換え食品に対する安全性の取り組みが高いだろう」と考えられるでしょう。

---------------------------------------------
他にも、興味のある方は、インターネットのブラウザの検索ボックスで、何かの食品が遺伝子組み換え食品であるかどうかを、自ら、検索されることを、お薦めします。

一般の消費者は、遺伝子組み換え食品を食べるか食べないかは、自由に選択できます
遺伝子組み換え食品を食べても良いし、食べなくても良いわけです。
消費者は、それを選択することをできます。

これらの参考情報を知った上で、さらに、日々の食生活を考えれば、読者ご自身のご健康の促進のための何かの情報となるのではないかと、私は考えます。

                坂本  誠   

2013年4月29日 (月)

三千百五十三: 音と光

                音と光         
            
             
            
        暗闇の中で
        イヤホンをして
        静かな音楽を聞いている。

        私の  頭の中は
        一つの真っ暗な洞窟だ。
        その洞窟の中で
        行き交う  音が  光となって
        輝いている。

        洞窟の
        上にも  下にも  奥にも、
        音の光が  明滅している。

        光と音で  まぶされた  沢が
        頭の中を  ゆったりと流れる。
        暗闇の中の
        洞窟の  小川のように。

        洞窟の中で
        乱反射する  音のように、
        頭の中の洞窟で
        光と音が  入り乱れて、
        きらめきながら  反射し続ける。

        耳から耳へ
        清らかな沢が  流れて
        響き続ける。

 

 

              坂本  誠    _no3

三千百五十二: 「トランジション」について_No.11

こんばんわ。

三千百四十四:  「トランジション」について_No.10』の続きです。

今日、ご紹介するトランジションは、米国のマサチューセッツにあるトランジションです。
主に、経済の事に取り組んでいるそうです。

日本でも、商品券というものが、お店から出されています。
2000円分の商品券とか、3000円分の商品券とか、色々とあります。
その商品券を使って、人々の間の物品のやり取りをしています。

この日本の例を見ても、わかるとおり、全てが全て、物品のやり取りを、中央銀行の発行したお札で、やり取りをしなくても良いのです。
あるいは、国家の作るコインを使って、物品のやり取りをしなくても良いのです。
ただ、政府に納税したりする時に、政府の方が、「中央銀行の発行したお札で納めて欲しい」と、言ってくるので、世の中に、お札が流行したわけです。

ですから、商品券という目で考えても良いのですけど、今でも、物品のやり取りを、お金無しでやり取りしても良いわけです。
例えば、Aさんの作った大根一本とBさんの作った人参二本を、やり取りしても良いのです。
別に違法ではありません。
お歳暮とか、お中元の時には、私達は物々交換し合っているわけです。
物々交換をしても、罰せられないわけです。

ただ、政府が、「税をお金で納めなさい」と言ってきたのと、そして、今まで、お金を大量に作って、世の中に配布したので、何かの物資が、お金のように見えるわけです。

お金というものは、あくまで、物資の中間を介している交換物であることがわかります。
ですから、お金は代勘交換物と言えます。
物資の実体ではないことに気が付きます。
---------------------------------------
他にも、千葉県の方に、商品券ではないのですが、ノートに物資に付けられている値段札を書き込んだりして、それをお互いに、やり取りし合う、経済システムがあるそうですが、お金に代わるような、経済システムと言えるかもしれませんね。

(以下、翻訳と引用部分)
-----------------------------------------------
Welcome | Transition US

http://transitionus.org/

ボストン・ビーンをよろしく!
http://transitionus.org/stories/say-hello-boston-bean

マサチューセッツのジャマイカ・プレイン(以下、JP)。
JP新経済トランジション(ジャマイカ・プレイン・ネット)の先進的なプロジェクト。
コミュニティ・メンバーと地域通貨のための近隣の会社の紹介。
エグレストン・スクエア・メイン・ストリート、セントル/サウス・メイン・ストリートと、ハイド/ジャクソン・メイン・ストリートと協調してのものです。
JPは、地域の、およびJPフォーラムを買います。


Bostonbeansamplesmall1
5・ビーン・ノートは、参加している地域において、5ドルの価値があります。
それは地域の買い物を促すものです。
それは私達のコミュニティを地域通貨の潜在的な力のために導入するものです。
そして、それは楽しい方法を人々に提供します。
そして、それは、JPの新経済トランジションでの会員であることを主張します。
ボストン・ビーン、この限られた数のお金のようなものは、この休暇シーズンに多くの地元のJPの店やレストランで、配布され、守られます。
それは、追加給付金としてでもあります。
人々がそのビーンを使う時、彼らは、自動的にJP NETのメンバーとなるでしょう。
(JP NET:JP新経済トランジション)

なぜ、地域通貨なのか?

ジャマイカ・プレインは、その地元ビジネスの独特な個性を誇ります。
そして、私達がそれらのビジネスで買い物をするとき、私達は、私達の地域経済を強化します。
ここの私達のコミュニティの中での仕事と資本を維持するのを助けながらです。
私達のコミュニティでは、私達は複数の方法で共同的に利益を得ています。
地域的に、地元で費やされるあらゆるドルは、多国籍企業で費やされる1ドルよりも、経済効果の2~4倍を生じています(収入、仕事、税収に関して)。
(地元ビジネスの利益上でのより多くの情報のためには、マイケル・シューマンの仕事をご覧ください。)

あなたは、それが多くの小売業者のためであることを知っていましたか?
それらの売れ行きのまる20%が、休暇シーズン中の起こることを知っていましたか?
それは私達の地域のドルを保つための特に重要な時間です。

ボストン・ビーン・ノートは、5ドルに等しい額の価値があります。
そして、それは参加している店で守られます。
また、2013年1月31日まで、JP Buy Local/Compra Aquiロゴを表示しているレストランでも守られます。
2013年1月31日が、そのロゴを表示している店で、ビーンの価値が期限切れになる時です。
それは、少なくとも現在のためにです。
参加することに興味がある企業は、詳しい説明のために、JP NETに連絡しなければなりません(
info@jptransition.org)。

さあ、ロゴに!
ここで購入!
/
地元のJPを買いましょう-
地域の小売店のウインドウの中で、これを探してください!
-----------------------------------------------
(翻訳と引用部分、終わり)

                坂本  誠   

三千百五十一: ディスクロージャーについて_No.2

こんにちわ。

三千百三十一:ディスクロージャーについて」の続きです。

今日(2013/4/29)から2013/5/3までの間に、米国のワシントンDCのナショナルプレスクラブで、市民の40人ぐらいの人が、UFOの目撃や証言を前米国議員の前で行う、というイベントがあります。

三千百三十一:ディスクロージャーについて」では、私は、ディスクロージャー用の映画『シリウス』を紹介しましたが、それに並行して、今度は、米国の一般市民が、公の場で、UFOの目撃や証言を行うわけです。

公の場での発言ですから、長く、記録されることかと思います。
どのような形で、私達の元に、その情報が来るのか、私も待っています。

                坂本  誠   

2013年4月28日 (日)

三千百五十: ラプチャー(空中携拳)

            ラプチャー(空中携拳)
       
         
       
        いつか
        曇った日の天に
        光が射した。

        雲が  その光で割れて、
        そこから
        私の一番愛する人が
        静かに  降りて来た。

        その光の上に
        たおやかな音楽が乗って。

        幾百の子供の
        天使を引き連れて。

        その一人一人の
        子供の天使が
        泡のように小さくなって
        輝き始めた。

        そして
        その泡が
        一つ一つ  手をつなぎ、
        私の愛する人を囲む
        鎖の円となった。

        そして
        その鎖の円は  回転しながら
        光の明滅を始めた。

        天使達は
        私の愛する人の
        光輪となった。

 

 

        私の愛する人は
        私の手を取った。
        その手も
        やわらかい  音楽で
        出来ているかのようだった。

        そして
        私を静かに
        天に引き上げ始めた。

        私は宙に浮きながら
        私の住む街並みを眺めた。

        街を見下ろしながら
        私は
        天に引き上げられていった。
        音楽と共に。
       
         
       
 

                坂本  誠    P9300148

三千百四十九: 額縁(がくぶち)について

額縁について、考える機会がありました。
絵画作品などを収納しておく、あの額縁のことです。

額縁の中の絵画作品は、有名になることが多いようです。
しかし、絵画の外側を保護したり、絵画の外側を飾る額縁のデザインは、意外に見落とされているケースが多いようです。
様々な絵画作品の外側を保護している額縁も、ほぼ手製であることがわかります。
そして、職人が心を込めて、木を彫ったりして、美しい額縁を作っていることに気が付きます。

ですから、そのような額縁自体も、一つの芸術であることに気が付きます。
やはり、美しい絵画には、美しい額縁が似合うと思います。
なので、考えてみたら、「額縁展覧会」というものが、あっても良いかもしれません。
「世の中に知られている、美しい絵画や有名な絵画の額縁のデザインは、どうなっているのか?」とか、それらの額縁のデザインを一つに集めた本があっても、面白いかな、と感じる機会がありました。

                坂本  誠    P4250155

三千百四十八: 罰金について_No.3

これは、『二千九百三十五: 罰金について_No.2』の再掲載です。
--------------------------------------------------------
こんばんわ。

罰金について考える機会がありました。
交通違反などをした際に、違反者に対して、罰金が取られたりします。
また、その他の犯罪にしても、「幾らの罰金を徴収する」と、よく聞きます。
また、「保釈金」と言って、刑務所から出るために裁判所に出される罰金とも言えるようなお金があります。

しかし、「その裁判所などに納められた後の罰金とは、どのように処理されているのだろうか?」と、ふと考える機会がありました。

                坂本  誠   

2013年4月27日 (土)

三千百四十七: 春の音楽

                春の音楽
               
               
               
        春の 
        うららかな  陽射しの下に
        新緑萌ゆる
        若葉が  揺れている。
       
        若葉の向こうに
        真っ青な空が広がっている。
        まるで  青い風が  その手を伸ばし
        若葉に  そっと  手を触れているかのよう。
       
        また
        春の  やわらかな光が
        若葉の放つ  きらびやかな  緑の輝きと
        やさしく  たわむれているかのよう。
       
        光と風に揺られ
        たわむれ続ける  若葉を見ていると
        そこから
        春の音楽が  流れているかのよう。
       
       
       
                坂本  誠    P4250154

Powered by Six Apart
フォトアルバム