« 二千九百八十六: 愛とお金について | メイン | 二千九百八十八: 今日の私のノート »

2013年3月 4日 (月)

二千九百八十七: 安らぎのための瞑想

おはようございます。

今日は、深い瞑想状態に入る必要があると思い、朝、最低限の情報を得た後、近くの山に向かいました。P3040151
まだ、寒さは残っているものの、暖かい陽射しが私の身体を穏やかにくるんでいました。

大きな山の上にいると、大きな男性から抱かれているようにも感じます。
また、この山の辺りから川が流れ出して、その川が海に流れ込んでいます。

まだ寒さは残ってはいたものの車の中で、陽射しをずっと浴びていると、暖かくなります。
そのまま、ずっと瞑想を続けていると、安らぎを感じます。

色々と瞑想をしたのですが、それは私に安らぎを与えました。
青空が広がり、白い雲が流れ、春先ですが、高い山の上です。
落ち着きます。
もう、タンポポも咲き始めていました。P3040148

美しい景色の中にいると心が安らぎます。

                坂本  誠   

Powered by Six Apart
フォトアルバム