« 二千九百七十九: OPPT世界でのトラブル解決方法の1 | メイン | 二千九百八十一: OPPTの差し押さえ文書について_No.2 »

2013年3月 1日 (金)

二千九百八十: OPPT世界でのトラブル解決方法の2

トラブル未然防止方法の2

ずっと、OPPT世界の話題が続きます。
OPPT世界で考えられる問題の解決方法を書いてみたいと思います。
ルールの少ないOPPT世界です。

日本でもある登校拒否について、考えてみましょう。

2012年12月25日を持って、日本国憲法の効力が失われました。

ですので、日本国憲法の中で定められていた義務教育制度も失効しました。

今まで、学校に、いじめっ子などがいて、登校拒否を続ける子供もいたかもしれません。

学校に行くのが苦しくて仕方なかった君!
もう、学校に行かなくていいよ!

義務教育制度も無くなったから、学校に行く必要も無いよ。
勉強したかったら、図書館で勉強すればいいし、創造主の価値資産センター(CVAC)というところで、勉強をしたければ、すればいいんだから(まだCVACが出来てないけど)。

まず、その「学校」って言う感じのものは無くなってしまったんだから。
だから、学校の先生が、君に「学校に来なさい」と言っても、「いやです」と言って、強く断ったら、それでお終いだから。
(ちなみに、その学校の先生は、ちょっと、エージェントと呼ばれる感じのものだけど)

また、お父さんやお母さんが、「学校に来なさい」と言っても、「いやです」と言って、強く断ったら、それでお終いだから。
そして、ずっと、いじめられない時間をずっと過ごせたら、また、目標を見つけることが出来るから。
そして、その新しい目標を見つけたら、また、すがすがしい気持ちで、人生を歩むことが出来るから。

                坂本  誠   

Powered by Six Apart
フォトアルバム