« 三千十九: 隠蔽について | メイン | 三千二十一: 流砂 »

2013年3月13日 (水)

三千二十: 中央銀行について_No.7

三千十三:中央銀行について_No.6』の続きです。

三千十三段でも書きましたが、日本の中央銀行である「日本銀行」の株価は、以下のHPで確認できます。

「日本銀行【8301】:株式/株価 - Yahoo!ファイナンス」
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=8301

上記のHPを見ると、右側に「チャート」と呼ばれる株価の上下動を示したグラフがあるのに気が付きます。

「1週間」とか「1か月」とか「6か月」単位とかでの、日本銀行の株価の上下動が、多くの人々がわかるようになっています。
多くの人は、この日本銀行の株価の上下動を見て、以下の事を思うかもしれません。

    「日本銀行の内部に流れ込む、このお金は、どう処理されているのだろうか?」
   
と。

例えば、お札をたくさん印刷したい時、つまり、「金融緩和」と呼ばれる処理をする時は、決まって、日本銀行の総裁が、記者会見で、「これより金融緩和を行います」と言って、お札をたくさん印刷していました。

「今は一体、どうなっているだろうか?」と多くの人が疑問に思うかもしれません。

                坂本  誠            

Powered by Six Apart
フォトアルバム