« 三千十三: 中央銀行について_No.6 | メイン | 三千十五: お知らせ_No.121 »

2013年3月12日 (火)

三千十四: お知らせ_No.120

(以下、書籍『あなたはどの星から来たのか?』より引用  ファルス著    ヒカルランド)
--------------------------------------------
当初、銀河系の進化と成長を促す集合意識体が計画していたのは、地球を天の川銀河の情報センターとして活用することでした。
ですので、こぞってそれぞれの星系におけるDNAパターンを組み込んで、テラガイア星に生命種を着床させたのです。
            ;
            (中略)
            ;
そのひずみの間にスーッと入り込んだのが、非ヒューマノイド型の生命体(レプティリアン種、通称レプ種)の寝食です。
そうしてあなたがたは、徐々に能力を制限されていくようになり、やがて囚われと制限のある世界の住人となることを選んでしまいました。
それは主に電磁波によるコントロールシステムを使って行われました。
            ;
            (中略)
            ;
現時空から見た計時測によると、今から31万2000年前に、あなたがたの遺伝子の組み換えが行われたのです。
地球人による科学ではそれをミッシング・リンク(失われた輪)と呼んでいます。
その部位は脳幹にあります。
Rコンプレックスといわれる爬虫類脳の部分に、彼らの遺伝子コードが組み込まれていくことで、あなたたちは恐怖と不安、縄張り意識、支配と隷属、競争、嫉妬といった遺伝子コードが活性化されたのでした。
            ;
            (中略)
            ;
今まで、あなたたちが創り出したと思っている社会や思考システムのほとんどは、彼らによる思考の雛形が具現化したものです。
それは大変な影響力を持ちました。
まるで、家に屈強な父親が一人いて家族を管理しているかのようです。
そうです。
彼らはまさしく、あなたたちの父親役でもあったのです!
いつかは親と別れるときが来ます。

--------------------------------------------
(引用終わり)

                坂本  誠            

Powered by Six Apart
フォトアルバム