« 二千八百八十六: 歩み | メイン | 二千八百八十八: 散歩 »

2013年2月 4日 (月)

二千八百八十七: お知らせ_No.84

以下、(『二人だけが知っている超アンダーグラウンドのしくみ』  ベンジャミン・フルフォード & 飛鳥昭雄  共著  ヒカルランド)からの引用。
-------------------------------------
●フルフォード:これ(携帯電話)で、盗聴、GPS、すべての会話モニタリング、どこにいるかもわかる。

■飛鳥:        この部屋では通じないと言ったじゃない。
                大事なことなんだ。

●フルフォード:ここはね、前は電波が入らなかったけど、今は入るようになった。
                (携帯電話を分解して)これも教えられたんだけど、ここにちょっと色の線があるじゃないですか。
                これでも盗聴できるんだと聞いた。
               
■飛鳥:        まず、我々が持っている携帯電話、1秒間に最低200回、基地局と交信をやっているんですよ。
                GPS機能がない携帯ですら、やっています。
                ですから、どこにいるか大体わかる。
                GPS機能がついているやつは、携帯でも2タイプあったじゃない。
                PHSなんかもろにいる場所が筒抜け!
                            :
                            :
                        (中略)
                            :
                            :
■飛鳥:        そうだよ。
                一般の企業でも言うよ。
                おれ、ちょっと電話かけたら、「今、東京におられますね」と。
               
●フルフォード:(携帯電話を指さして)これをこうして、これはこうして、全部抜かないとだめ。
                それでも、これをぶっ壊さないと、本当はだめなの。

■飛鳥:        そうだね。
                わかるよ。
               
●フルフォード:僕はどうしてもプライベートで話したいとき、カードも携帯も残して、噴水か滝の隣に座って、雑音が多いところで話す。

■飛鳥:        本当はそれぐらいしないといけないんだよ。
                皆さん方が使っている携帯電話だったら、アメリカのNSA(国家安全保障局)が簡単に盗聴できるんです。
                パソコンも全部そうです。
                ウィンドウズを使っている限りは、自由に侵入されるんです。
                バックドアからね、、、。
-------------------------------------
(引用終わり)
                        
                        
                        
            坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム