« 二千八百三: ローズ・クォーツ | メイン | 二千八百五: 太陽光発電について_No.4 »

2013年1月 7日 (月)

二千八百四: 「サトイモの味噌和え」について

最近、機会あって、自分でも料理を作っています。
自分で作る料理というのも、結構、美味しいですね。

写真は、「サトイモの味噌和え」です。
サトイモを調理して気付くのは、やはり、皮を剥くのが難しいことでした。
「皮剥き器」で、皮を剥こうとしても、サトイモが小さいので、剥きにくいのですね。
皮を剥いている間に、よく、床に落としたりします。

でも、調理を終えて、食べる時は美味しいです。
「味噌の味」ですから、「サトイモの味噌和え」を食べていると、雪の多い場所の日本家屋の中で、それを食べている雰囲気になります。
なんとなく、ほのぼのとする感じです。

それと、もう一枚の写真は、味噌汁です。
大根をベースにして、サトイモとサツマイモと白菜を入れています。
味噌汁の湯気で、ちょっとだけ、レンズが曇ってしまいました。

それと、写真の左横の方に映っているのは、玄米と白米のブレンドの御飯です。
余談ですけど、玄米は身体に良いそうです。
というのも、玄米を精米したら、白米になります。
だけど、それだと、ビタミンBが、ほとんど、削られてしまい、人体がビタミンBを取る機会が少なくなるそうです。
お米の栄養のある部分は、その削らない部分である玄米の部分だそうですが、精米すると、その栄養のある部分を削ってしまうので、白米よりも玄米の方が良いそうです。

では、いただきます。P1040146

                坂本  誠   

Powered by Six Apart
フォトアルバム