« 二千八百六十六: 腕時計について | メイン | 二千八百六十八: 中央銀行について »

2013年1月29日 (火)

二千八百六十七: 手の中の音楽

            手の中の音楽
            

            
    少しだけ
    広げた両手の中で
    ミラー・ボールのように
    一つの音楽が
    暖かく  やさしく  回転している。
   
    音楽で作られた  そのミラー・ボールから
    一つの匂いが  吹き流れ出る。
    それが  私の顔の肌を
    涼風のように 
    触っているかのよう。
   
   
 

                坂本  誠   

Powered by Six Apart
フォトアルバム