« 二千七百九十六: 地球のやわらかさ | メイン | 二千七百九十八: 冷蔵庫について_No.3 »

2013年1月 4日 (金)

二千七百九十七: 豆腐ハンバーグについて_No.2

こんばんわ。

二千四百三十八:豆腐ハンバーグについて』の続きです。
今度は、自分の手で豆腐ハンバーグを作ってみました。
写真がそれです。Pb140146

野菜餃子よりも、簡単なのですが、「タネ」というものを作るのは、初心者の私にとっては、意外に難しいものでした。
「タネ」というのは、このハンバーグの本体の丸まった奴ですね。
結構、ぺったん、ぺったんと、餅を突くように、手で丸めないといけませんでした。
男である私にとっては、あまりこういうものを作る機会が無かったので、慣れていないといけないこともわかりました。
ですから、写真では、あまり型崩れをしていないものの、結構、型崩れしましたね。
崩れ落ちた破片が、フライパンに残ってしまいました。

でも、作り上げて、食べる時は美味しかったです。
大根おろしもかけて、和風にして食べたのが美味しかったです。

豆腐ハンバーグについてのエッセイを書きました。

 

            坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム