« 二千七百八十一: 走る | メイン | 二千七百八十三: 唄 »

2012年12月30日 (日)

二千七百八十二: スモーキー・クォーツ

            スモーキー・クォーツ   
            
       

    スモーキー・クォーツの中に
    やわらかな  月の光が
    差し込んでゆく。
   
    スモーキー・クォーツの放つ
    灰色の光と
    白い光は  よく似合う。
   
    どちらの光も
    おだやかだ。
   
    白い光と
    灰色の光が
    触れ合う時、
    そこから  まろやかで、ゆるやかに漂う
    乳白色の香りが  流れているかのよう。
   
    手の中のスモーキー・クォーツを見る。
    そして
    頭上の月を
    静かに  見上げる。
   
   
   
                坂本  誠   

Powered by Six Apart
フォトアルバム