« 二千七百七十七: 音楽について | メイン | 二千七百七十九: 炎 »

2012年12月28日 (金)

二千七百七十八: 静かな瞳

            静かな瞳
   
   
   
    どこまでも
    透き通った瞳は
    静かな  湖面のよう。
   
    その瞳の湖面から
    安らぎの音楽が  奏でられているかのよう。
    湖面には  月も星も輝いている。
   
    静かな瞳が
    穏やかに
    何かを  語り続けている。

 

                坂本  誠    Photo

Powered by Six Apart
フォトアルバム