« 二千七百七十八: 静かな瞳 | メイン | 二千七百八十: 冬の陽射し »

2012年12月29日 (土)

二千七百七十九: 炎

            炎      

            
            
    宇宙の
    はてしない底から
    大きな  大きな炎が 
    雄々しく  立ち上がっている。
   
    その大きな炎が  幾つにも
    枝分かれしている。
    まるで
    五線譜のように。
   
    その間を
    火の粉が舞い上がる。
   
    大きな火の粉が
    そのまま音符となって
    宇宙空間に
    一つのメロディーを
    奏でている。
   
    メロディーが詩にもなり、
    淡い煙にもなり、
    心地良い  香りにもになり、
    それらが  幾重(いくえ)にも  私達を取り巻く。
    全てが  鳥のような
    生き物のように。
   
    炎が  宇宙の
    はてしない天頂にまで
    吹き上がり続ける。
    それにつられて、
    巨大なメロディーも
    静かに
    舞い上がり続ける。
   
    とこしえに。

 

                坂本  誠   

Powered by Six Apart
フォトアルバム