« 二千七百八十二: スモーキー・クォーツ | メイン | 二千七百八十四: 大晦日 »

2012年12月30日 (日)

二千七百八十三: 唄

            唄
   
   
     
    家に帰る時に
    口ずさむ唄は  軽い。
    何の不安も無く
    一つの心配も
    その唄には含まれない。
   
    その家自体が
    不安も心配も持たないから。
   
    心の底から
    その家で  安らぐことが出来る。
   
    だから
    その唄は
    羽毛のように軽く
    また  暖かい。

 

                坂本  誠   

Powered by Six Apart
フォトアルバム