« 二千七百七十九: 炎 | メイン | 二千七百八十一: 走る »

2012年12月29日 (土)

二千七百八十: 冬の陽射し

最近は、寒い日々が続きました。
しかし、今日は暖かい陽射しを受けています。

こんな日に、かえって、陽射しの素晴らしさを感じます。
夏と冬の関係に似ています。
誰しも、冬の日々に春や夏の暖かさを欲しくなるものです。
しかし、夏の日々になると、今度は、誰しも秋のような涼しげな陽射しを欲しくなるものです。

冬の陽射しに素晴らしいものを感じるところは、布団を干すことです。
なかなか、冬場に布団を干す日々は少ないですからね。
反対に、夏場に布団を干す機会は多いです。

布団を冬の陽射しに当てて、布団をふっくらとさせて、冬の夜に寝ると、安眠することが出来ます。
どんな人でも、これに幸福を感じると思います。
猫も冬の布団の上で、暖かい陽射しを浴びて眠ると、きっと幸福感を感じていることでしょうね。Pc290147

                坂本  誠   

Powered by Six Apart
フォトアルバム