« 2012年11月 | メイン | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

二千七百八十四: 大晦日

こんばんわ。

早いもので、今年も、もう年の瀬です。
振り返れば、この一年も様々な事がありました。

私の周囲を見ても、色々とあったものだし、世間にも、色々とありました。
「この一秒一秒、一瞬一瞬に、それぞれ、私の想いがこもり、それが過ぎ去ってゆくのだ」と思うと不思議な気持ちがします。
時の上に、私の想いが乗るのです。
そして、たとえ、どんなことがあったとしても、その一秒、あるいは、その一瞬は、私にとって、意味のある一瞬であることに気が付きます。

私は、「時間」というものの不思議さに気が付きます。
それは物体でもないし、エネルギーでもありません。
「時間は何に似ているか?」と考えるのも、面白いことか思うのです。
時間というものは、青空を漂う雲の群れとか、大海の上の波のうねりに似ていると思うのです。
私達が目にする雲の流れとか波のうねりというものは、その一瞬だけを見ていることに気が付くのです。
例えば、写真に収めた雲とか波のうねりというもの、つまり、その雲の形や波のうねりそのものは、もう二度と、未来に見ることが出来ません。
私達が一瞬だけ見た雲の形とか波のうねりを、もう、二度と見ることが出来ません。
だから、私達が何気なく見ている雲とか波とかも、貴重なものだと思います。
写真に納めない限り、その雲や波のうねり具合は、もう二度と見ることが出来ないのですから。

そう考えると、今、私の見ている指でさえも、新陳代謝によって、刻一刻と変化している筈です。
子供の頃の手の細胞とは全く変わっています。
また、普段、何げなく見る人の顔でも、一瞬一瞬、細胞が変化している筈なので、波のうねりのように、もう二度と見ることは出来ないようなものだと考えます。
だから、人間の顔でも、10年ぶりぐらいに出会った人の顔が変化している時があります。
しかし、その人の中に入っている存在自体は同じです。
確かに、人それぞれに心境が変わっている時はありますが、例えば、Aさんならば、Aさんの存在自体がその身体を司っています。
私達の見ている物体、さっき私が書いた書いた雲や波なども、物質で、変化はあるものの、雲ならば「雲」、波ならば「波」、人間ならば「人間」と、その奥に潜む、本質自体には変わりが無いことに気が付きます。
変わり過ぎゆく物質と、その奥に変わらない本質があるのを感じます。

時間は物質の変化を見届ける定規、あるいは尺度と言っても良いかもしれません。
こんな年の瀬や、何かの区切りの時に、私達は時間の不思議さについて考えると思うのです。

今年も、このブログのご拝読、ありがとうございました。
どうか、来年もよろしくお願いいたします。
良いお年を。

                坂本  誠Img7d946aa237e8    

2012年12月30日 (日)

二千七百八十三: 唄

            唄
   
   
     
    家に帰る時に
    口ずさむ唄は  軽い。
    何の不安も無く
    一つの心配も
    その唄には含まれない。
   
    その家自体が
    不安も心配も持たないから。
   
    心の底から
    その家で  安らぐことが出来る。
   
    だから
    その唄は
    羽毛のように軽く
    また  暖かい。

 

                坂本  誠   

二千七百八十二: スモーキー・クォーツ

            スモーキー・クォーツ   
            
       

    スモーキー・クォーツの中に
    やわらかな  月の光が
    差し込んでゆく。
   
    スモーキー・クォーツの放つ
    灰色の光と
    白い光は  よく似合う。
   
    どちらの光も
    おだやかだ。
   
    白い光と
    灰色の光が
    触れ合う時、
    そこから  まろやかで、ゆるやかに漂う
    乳白色の香りが  流れているかのよう。
   
    手の中のスモーキー・クォーツを見る。
    そして
    頭上の月を
    静かに  見上げる。
   
   
   
                坂本  誠   

二千七百八十一: 走る

            走る       
       
         

    駆け抜けた。
   
    気が付いてみたら、
    心の思うままに、
    人生を駆け抜けていた。
       
    今も走ってる。
   
    明日も走ってる。
   
    人生を駆け抜けていく。

 

                坂本  誠  Pa060146  

2012年12月29日 (土)

二千七百八十: 冬の陽射し

最近は、寒い日々が続きました。
しかし、今日は暖かい陽射しを受けています。

こんな日に、かえって、陽射しの素晴らしさを感じます。
夏と冬の関係に似ています。
誰しも、冬の日々に春や夏の暖かさを欲しくなるものです。
しかし、夏の日々になると、今度は、誰しも秋のような涼しげな陽射しを欲しくなるものです。

冬の陽射しに素晴らしいものを感じるところは、布団を干すことです。
なかなか、冬場に布団を干す日々は少ないですからね。
反対に、夏場に布団を干す機会は多いです。

布団を冬の陽射しに当てて、布団をふっくらとさせて、冬の夜に寝ると、安眠することが出来ます。
どんな人でも、これに幸福を感じると思います。
猫も冬の布団の上で、暖かい陽射しを浴びて眠ると、きっと幸福感を感じていることでしょうね。Pc290147

                坂本  誠   

二千七百七十九: 炎

            炎      

            
            
    宇宙の
    はてしない底から
    大きな  大きな炎が 
    雄々しく  立ち上がっている。
   
    その大きな炎が  幾つにも
    枝分かれしている。
    まるで
    五線譜のように。
   
    その間を
    火の粉が舞い上がる。
   
    大きな火の粉が
    そのまま音符となって
    宇宙空間に
    一つのメロディーを
    奏でている。
   
    メロディーが詩にもなり、
    淡い煙にもなり、
    心地良い  香りにもになり、
    それらが  幾重(いくえ)にも  私達を取り巻く。
    全てが  鳥のような
    生き物のように。
   
    炎が  宇宙の
    はてしない天頂にまで
    吹き上がり続ける。
    それにつられて、
    巨大なメロディーも
    静かに
    舞い上がり続ける。
   
    とこしえに。

 

                坂本  誠   

2012年12月28日 (金)

二千七百七十八: 静かな瞳

            静かな瞳
   
   
   
    どこまでも
    透き通った瞳は
    静かな  湖面のよう。
   
    その瞳の湖面から
    安らぎの音楽が  奏でられているかのよう。
    湖面には  月も星も輝いている。
   
    静かな瞳が
    穏やかに
    何かを  語り続けている。

 

                坂本  誠    Photo

二千七百七十七: 音楽について

たまには、私好みの音楽についてのエッセイを書いてみます。

やっぱり、私は落ち着きのある音楽が好きです。
聞いていたら、自然の風景を思い起こさせる音楽が好きです。
音楽を聞いていて、色々な風景を頭の中に思い浮かべるというのも、ちょっと考えたら不思議ですよね。

そして、リラックスできるような音楽を聞いていたら、ちょっと、心が乱れている時でも、自然と心が落ち着いていくのに気が付きます。
ですから、音楽も、一つの薬だな、と考えてしまう時があります。
実際に、ヒーリング音楽とかもありますし。
そして、周囲の環境に流されず、自分の心の内側を見ることが出来るようになると思います。

これとは、逆なのですが、音楽家の方は、きっと、自然の光景とか、美しい風景とかを見たら、良い音楽が思いつくのではないでしょうか。
私は音楽家ではないので、その辺はわかりませんけれど。

でも、ちょっと考えたら、しばしば美しい風景を見ていたら、美しい音楽が生まれたりするでしょうし、また、美しい音楽を聞いていたら、美しい風景も想像できるというのも、面白い話ですね。

最近は、インターネット上でも、気軽に、良い音楽が聴けるので、嬉しいことですね。

   
                坂本  誠Pa190153    

二千七百七十六: 音楽の翼

            音楽の翼
            
            
            
    音楽は  翼を持っている。
    その見えない翼は
    風のように変化する。
    形無き翼。
   
    音楽の翼は  光の粒子を持つかのよう。
    まるで  クリスマスの時に  木々に付けられた
    イルミネーションを身に付けているかのよう。
   
    その  きらめく音楽の翼が
    やわらかく  宙を舞う。
   
    ある時は
    やさしい風のように。
    また  ある時は
    強い風のように。
   
    自由自在に
    音楽の翼は
    姿を変えて、
    はるか天頂  目指して
    飛翔して行く。

 

                坂本  誠   

2012年12月27日 (木)

二千七百七十五: 勇気

            勇気
   
     
   
    ペガサスにまたがって、
    夜空を駆ける騎士(ナイト)。
   
    ペガサスの  ひづめの音が
    高らかに  夜空に駆け上がる。
   
    ひづめの音が  そのまま
    夜空に流れる音楽になってゆく。
   
    ナイトの志が  そのまま
    夜空にかかる虹と化してゆく。
   
    宇宙に木霊しているファンファーレが
    ナイトを祝福し続ける。
   
   
    
                坂本  誠   

Powered by Six Apart
フォトアルバム