« 二千七百六: 天使 | メイン | 二千七百八: 五月の若葉 »

2012年11月25日 (日)

二千七百七: チャロアイト

            チャロアイト       
            
            
            
    青い空をバックにして
    球のチャロアイトを  手に持つと
    紫の星が
    宙に浮かんでいるかのようだ。
   
    青空の白い雲が
    そのまま
    チャロアイトの上の
    白い流れと化しているようだ。
    また
    チャロアイトの金と黒を見て、
    太陽と夜空が  そのまま
    埋め込まれているかのようだ。
   
    青空に浮かぶ   紫の星。
   
    不思議な音楽が
    私の耳に流れている。
    その音楽が
    私の手の中の
    チャロアイトの中にも
    流れ込んでゆく。
   
    チャロアイトの中で
    その音の調べと
    深い紫が
    溶け合い、
    響き合い、
    チャロアイトの奥深くで
    結ばれてゆく。
   

        (注:チャロアイトとは、ロシアのムルン山脈のみで産出される貴重な鉱物のこと。鉱物として認定されたのは1978年。)

 

            坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム