« 二千六百六十九:「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」を見て_No.6 | メイン | 二千六百七十一: ベガについて »

2012年11月11日 (日)

二千六百七十: 愛

            愛         
            
             
            
    誰もが
    自分の心の中に
    愛の思いを  抱く時がある。

    だけど、
    誰も
    自分の愛そのものを見た人はいない。
    誰も
    胸の中の  自分の愛を見ることは出来ない。

    だけど、
    誰もが
    自分の愛を感じることが出来る。

    誰もが  感じることが出来る。

    愛とは  やわらかいものであることを。
    愛とは  あたたかいものであることを。
    愛とは  輝くものであることを。
    その  やわらかくて  あたたかくて  輝くものが
    私達を  やさしく  包むものであることを。
            
    穏やかな風が  春の  そよぎのように
    私達の心の中に  流れ続ける。

 

                坂本  誠 Img7d919b9d8a7d    

Powered by Six Apart
フォトアルバム