« 二千七百十三: 邂逅 | メイン | 二千七百十五: 水玉 »

2012年11月30日 (金)

二千七百十四: 朝のボロブドゥール遺跡

        朝のボロブドゥール遺跡
                        
                         
                        
    インドネシアの密林の奥深く
    ボロブドゥールという謎の遺跡が横たわっている。
    早朝の曙光の射す中、
    遺跡の千の仏塔の上に
    千人の千手観音がいる。
    千手観音が千の剣を持っている。

    千手観音が
    朝日に感謝の祈りを捧げるため、
    剣の舞いを始める。

    一糸乱れぬ千の剣。
    一糸乱れぬ千の観音。
    一糸乱れぬ千の笑顔。
    千の仏塔の上で、千の観音が軽く宙にステップする。
    朝の光が千×千の剣に反射して、きらめいている。
    遺跡が輝いているようだ。

    千手観音の  たゆたう虹色の衣から、
    虹色の香りが出て、
    緑の密林をかぐわせている。
    その香りは
    千手観音の喜びなのだ。

 

            坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム