« 二千六百八十: 妖精 | メイン | 二千六百八十二: 遠い星へ向かう時 »

2012年11月13日 (火)

二千六百八十一: 野菜餃子について_No.2

二千四百六十三:野菜餃子について』の2段目です。

最近、機会あって、自分の手で、野菜餃子を作る機会がありました。
それに先立って、豆腐ハンバーグも作ってみました。Pb100152

豆腐ハンバーグと違っている部分は、野菜餃子を作る方が難しいということでした。
時間もかかりました。
餃子の中に入れるキャベツや白菜をみじん切りするのは、そんなに難しいとは思わなかったのですが、餃子の皮に、その野菜を入れるのは難しいと思いました。
初めてでしたので。
市販されている餃子でも、綺麗な形をして、餃子の形が整えられているのですが、初心者には、結構、難しいものでした。
この餃子の皮を包むのに、時間がかかったわけです。

写真では、結構、綺麗に包まれている感じですが、実際は、失敗して破れたものもありました。
ですから、餃子の皮も、よく見かけるように綺麗に包むのではなく、半月形をしたものを作ってしまいました。
「半月」というか「三日月」という形でしたね。

料理にも、色々と難しい点があるとわかります。
このように、形を整えるのに、難しさのある料理もあるでしょうし、あるいは、味を微妙に整える料理もあるでしょうから、その難しさは様々でしょう。

しかし、味自体は変わりませんでした。
形はともかく、味はとても、美味しかったです。

野菜餃子についてのエッセイを書きました。

                坂本  誠   

Powered by Six Apart
フォトアルバム