« 2012年10月 | メイン | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月23日 (金)

二千七百四: アセンション

            アセンション       
            
            
            
    闇の中に
    ゆらめく
    静かな光。
    音が目に見え始める  その喜びの一時。
   
    光の音が
    メビウスの輪のように
    うねっている。
    その輪が  次第に大きくなる。
   
    光が煙のよう。
    その光は銀河の渦(うず)だ。
    私達は  その銀河の煙の光に
    手をひたす。
   
    光の音が  しなり続ける。
    種々の音の光が
    何かの花びらのように
    混ざり合う。
    私達の中心で。
   
    私達の心の高鳴りが
    光の音の高鳴りと
    重なり合ってゆく。
    一つの波として。
   
    光は
    どこまでも
    どこまでも
    しなり続ける。
    私達の手は
    その  やわらかい光と
    やさしく触れ合う。
   
    触れ合いの中心から
    さらに  様々な色の光が
    生まれ始める。
    それは音のボールのようだ。
    音が生きて、
    私達を祝福している。
   
    やわらかい音の  やさしい光が
    私達を包み続ける。
   
    急に私達がふくれあがる。
    それは  まるで  巨大な鳥のよう。
    鳥の乗る風は
    音か、光か、また、私達の愛か。
   
    ふくれあがり続ける鳥。
    その鳥が  宇宙空間に
    長く長く  飛行機雲のような
    尾を引いてゆく。
   
    祝福を続ける光達。
    人のように  心を持つ。
   
    静かな宇宙の中を
    どこまでも  どこまでも
    その鳥が  飛び続けてゆく。
    光の  うねりと
    音の  うねりのシンフォニーが
    重なり
    高まり続けてゆく。
   
    私達の愛となって。

 

            坂本  誠

二千七百三: すばる

            すばる
            
           
            
    宇宙の中に
    青く輝く  六つの星々。
    六つの星の
    光の明滅が
    そのまま  一つの音楽の
    六重奏を奏でている。
   
    宇宙の風に乗って
    その音楽は  遠く遠くへ
    流れゆく。
    また、六つの星々は
    夜空に浮かぶ
    スズランのよう。
   
    宇宙の草原を流れる風が
    そのスズランを 
    やさしく  揺れさせて
    スズランの奏でる
    軽い音楽を
    流させているかのよう。

 

            坂本  誠Img7d94c76145ce

2012年11月22日 (木)

二千七百二: 流れ

            流れ
           
           
             
    愛の流れが
    光の流れになり
   
    光の流れが
    音楽の流れになり
   
    音楽の流れが
    生命の流れになり
   
    生命の流れが
    愛の流れになる。

 

            坂本  誠

二千七百一: 光

            光     
           
                    

    宇宙に  光が流れている。
   
    大きな河のように
    また、小さな川のように
    曲がったり
    くねったり
    伸びたりして
    流れ続けている。
   
    光が  まるで  煙のようだ。
   
    光なのに  音楽を奏でている。
    光なのに  喜びがあって、
    集まって、鳥の姿にもなる。
   
    形の無い  水のように
    全てのものに  光が宿ってゆく。

 

            坂本  誠

2012年11月21日 (水)

二千七百: 音と光

            音と光         
            
             
            
    暗闇の中で
    イヤホンをして
    静かな音楽を聞いている。

    私の  頭の中は
    一つの真っ暗な洞窟だ。
    その洞窟の中で
    行き交う  音が  光となって
    輝いている。

    洞窟の
    上にも  下にも  奥にも、
    音の光が  明滅している。

    光と音で  まぶされた  沢が
    頭の中を  ゆったりと流れる。
    暗闇の中の
    洞窟の  小川のように。

    洞窟の中で
    乱反射する  音のように、
    頭の中の洞窟で
    光と音が  入り乱れて、
    きらめきながら  反射し続ける。

    耳から耳へ
    清らかな沢が  流れて
    響き続ける。

 

            坂本  誠Echo

二千六百九十九: 船出

           船出
   
    

    船出しよう。
    二人で船出しよう。
    この世の外へゆこう。

    君と二人でいる時
    僕と君は一つの船。
    虹で造られた帆船。

    君と二人でいる時
    僕たちの間に
    音楽が漂っている。

    その音楽の上に
    虹の帆船を
    浮かべよう。

    銀の風に煽られて
    金の糸に操られて
    青い空の上を  どこまでも流れてゆこう。

    過去の悔いも、
    未来の憂いも、
    現(うつつ)の苦しみも、
    透いた空気の底に
    沈んでいる。

    音の上を滑ってゆこう。
    永遠の未来をすりぬけ
    無限の過去にたどりつくために
    何もなかったあの時を目指して
    船出しよう。

 

            坂本  誠

2012年11月20日 (火)

二千六百九十八: 蛍

        蛍      
       
       
       
    暗い星の
    深い紫の闇の中で
    蛍が一つ一つ
    また一つと
    熱の無い  光を灯し始める。

    いくつも  いくつも
    蛍が光を灯す瞬間は
    まるで  人が生まれる瞬間のようだ。

    光る蛍が
    紫の闇の中で
    少しずつ  少しずつ
    集まり始める。

    やがて  蛍の集まりが
    巨大な光の球となる。
    そして  その星から
    その光の球が  静かに飛び立ってゆく。

    光る波のように。
    広大な宇宙に向かって。
    輝く  しぶきを  夜空に引きながら。
   

 

            坂本  誠Photo

二千六百九十七: 涙

            涙
            
            
            
    涙は
    愛の
    生まれ変わったものなのか。

 

            坂本  誠

2012年11月19日 (月)

二千六百九十六: オーロラ

            オーロラ       

 

    寒い夜の下
    暗闇の虚空に
    光が灯り出す。

    何色もの光が
    そのまま  音楽になってゆく。

    夜空に木霊する光達。

    巨大な一羽の鳥が
    飛び立つかのよう。

    何本もの金の線が  同時に飛び交う。

    極北の
    オーロラの音楽が
    緑なす  地球の全てを
    静かに覆う。

    巨大な鳥の翼が
    地球を
    やさしく覆うかのよう。

 

            坂本  誠

二千六百九十五: アンドロメダ星雲

            アンドロメダ星雲
            

    
    アンドロメダ星雲を見ていると
    きらめく音の渦のようだ。
   

 
            坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム