« 2012年10月 | メイン | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

二千七百十四: 朝のボロブドゥール遺跡

        朝のボロブドゥール遺跡
                        
                         
                        
    インドネシアの密林の奥深く
    ボロブドゥールという謎の遺跡が横たわっている。
    早朝の曙光の射す中、
    遺跡の千の仏塔の上に
    千人の千手観音がいる。
    千手観音が千の剣を持っている。

    千手観音が
    朝日に感謝の祈りを捧げるため、
    剣の舞いを始める。

    一糸乱れぬ千の剣。
    一糸乱れぬ千の観音。
    一糸乱れぬ千の笑顔。
    千の仏塔の上で、千の観音が軽く宙にステップする。
    朝の光が千×千の剣に反射して、きらめいている。
    遺跡が輝いているようだ。

    千手観音の  たゆたう虹色の衣から、
    虹色の香りが出て、
    緑の密林をかぐわせている。
    その香りは
    千手観音の喜びなのだ。

 

            坂本  誠

2012年11月29日 (木)

二千七百十三: 邂逅

        邂逅               
       
         

    闇の中から
    一つの中心より
    赤い光が  右の円をなし、
    青い光が  左の円をなし、
    多くの時間をかけ
    巨大な空間を横切り、
    やがて
    再び  一つの円を結ぶ時
    互いに欠けたる色が  混じり合い
    一つの完全な
    強力な光を放つ。
    以前よりも  強い光が。

 

            坂本  誠

二千七百十二: 勝利について

こんばんわ。

久しぶりにエッセイを書きます。

勝利について考える機会がありました。

どんな人でも、「勝利を得たい」と考えているかと私は思うのです。
「勝利」という形も、人によって様々だと思うのです。

学校での、何かのテストで、友人とテストの点数を競ったり、あるいは、スポーツで競ったりして、勝者になるのも、勝利の一つだと感じます。
また、自分の建てた目標を達成した時にも、人は勝利感を得ることでしょう。
また、人生の旅の中で、スランプ期に入り、それから抜け出た時に、どこか、人は勝利を感じるかも知れません。

まだ他にも様々な勝利の形があるかもしれません。
しかし、人の得る勝利においては、その勝利の中で、その人は澄んだ幸福な気持ちを得ていると思うのです。
また、爽やかな喜びを得ているかと思うのです。
だから、その顔には、きっと明るい笑顔が灯っていることでしょう。

ですから、本当の勝利とは、その勝利を得た人が他人にふりまく明るい笑顔の中に少しも暗い気持ちも無いと私は思うのです。
ですから、勝利のタイプにも、何かの競技で順序を決めて、勝者になる場合もあるでしょう。
しかし、他の勝利のタイプには、全く人と競うこと無しに、戦うこと無しに勝利感を得ることもあるかと思うのです。

自分の建てた目標の最後、つまり、目標のクライマックスで、より多くの人々のために、自分の持てる愛を太陽のように最大に放出し切った人は、

    「私は勝った」

と、言いながら、爽やかな笑顔をしながら、底知れぬ穏やかな幸福感を得ているかもしれません。

羽毛のような軽い心を抱きながら。

「勝利」についてのエッセイを書きました。P9300148

 

            坂本  誠

二千七百十一: 月とピアノ

        月とピアノ         
       
        
       
    満月の夜空の下に
    ピアノが流れる。
   
    その音楽が  たゆたう様は
    月に向かって
    しなやかに  伸びる
    女性の腕のよう。
   
    やわらかな  女性の腕が
    夜空の下、
    静かに  舞う。

 

            坂本  誠

2012年11月28日 (水)

二千七百十: 金魚

            金魚            
            

 
    金魚は小さくて  かわいい。
    だから、誰からも
    「かわいい。かわいい」
    と、ほめてくれる。
   
    だから、金魚の心は安らいでいる。
    だから、
    金魚は水の中で
    眠れる。
    まるで、宇宙を浮いているかのように。
    金魚は深く安らいでる。

 

            坂本  誠

2012年11月27日 (火)

二千七百九: 銀河系

            銀河系         
            
             
            
    巨大な  光の渦が  浮かんでいる。
    様々な色の光が  静かに  明滅している。
   
    光が音になっている。
    様々な  色の違いが
    様々な  音の違いになっている。
   
    巨大な  光の渦が
    そのまま  大きな交響楽になっている。
   
    大きな暗闇の中で。

 

            坂本  誠

2012年11月26日 (月)

二千七百八: 五月の若葉

        五月の若葉      
       
       

    五月の木の 
    新緑の萌ゆる  若葉の間に

    五月の 
    やわらかな陽射しが
    すりぬけてゆく。
   
    若葉の間を
    すみやかな風が
    すりぬけてゆく。

    若葉の間を
    鳥達の明るい声が
    すりぬけてゆく。

    若葉の間を
    蝶の羽ばたきが
    すりぬけてゆく。

    若葉の 
    彼等自身が感じる喜びを
    私も感じている。

 

            坂本  誠Photo

2012年11月25日 (日)

二千七百七: チャロアイト

            チャロアイト       
            
            
            
    青い空をバックにして
    球のチャロアイトを  手に持つと
    紫の星が
    宙に浮かんでいるかのようだ。
   
    青空の白い雲が
    そのまま
    チャロアイトの上の
    白い流れと化しているようだ。
    また
    チャロアイトの金と黒を見て、
    太陽と夜空が  そのまま
    埋め込まれているかのようだ。
   
    青空に浮かぶ   紫の星。
   
    不思議な音楽が
    私の耳に流れている。
    その音楽が
    私の手の中の
    チャロアイトの中にも
    流れ込んでゆく。
   
    チャロアイトの中で
    その音の調べと
    深い紫が
    溶け合い、
    響き合い、
    チャロアイトの奥深くで
    結ばれてゆく。
   

        (注:チャロアイトとは、ロシアのムルン山脈のみで産出される貴重な鉱物のこと。鉱物として認定されたのは1978年。)

 

            坂本  誠

2012年11月24日 (土)

二千七百六: 天使

            天使          

 

    闇に浮かび、
    かつ、天から降り注いでやって来る
    光が
    天使の姿に見える時、
   
    その光が形の無いものに
    変わりに変わりつつ
    歓喜そのものを歌おうとしている。
    まるで光に翼が生えたかのようだ。
   
    また、
    回り続ける  虹色の円の中心に
    ひとすじの愛の想いが  やわらかく  飛び舞い
    静かに  人の心に届いているかのようだ。

 

            坂本  誠

2012年11月23日 (金)

二千七百五: 春の音

            春の音
       
       
       
    春の青空の中
    ピアノの奏でる音楽が流れている。

    ピアノの高い音と
    低い音が  絡みながら
    遠くへ  遠くへ
    流れゆく。
   
    まるで
    雄と雌の二羽の蝶が
    優しく  宙で戯れているかのよう。
   
    春の空を漂い流れる
    桜吹雪が
    その  音の蝶の流れに
    重ねられてゆく。
   
    雄と雌の蝶が
    桜の流れに
    祝福されているかのよう。
   
    ピアノの高い音と低い音が
    喜びと幸せを  抱(いだ)いたまま
    上下に交差して
    澄み切った空の中を
    遠くへ  遠くへ
    逃げてゆく。
   
    花吹雪の雲に乗って。

 

            坂本  誠Pb200147

Powered by Six Apart
フォトアルバム