« 二千五百九十二: 美しい自然について | メイン | 二千五百九十四: お知らせ_No.60 »

2012年10月29日 (月)

二千五百九十三: 銀の月

                    銀の月         

                   
                   
    冬の夜に
    銀の月が  かかっている。
    月が銀の笛を吹いている。

    黒い雲間から
    糸のように  その音が流れてくる。
    まるで  下り降りてくる河のよう。

    その音が  雪風にゆられて
    鈴のようにふるえている。

    冬の夜の冷たさと  銀の音色の光が響き合っている。

 

                坂本  誠   

Powered by Six Apart
フォトアルバム