« 二千四百三十七: UFOについて_No.4 | メイン | 二千四百三十九: 生命の樹 »

2012年9月23日 (日)

二千四百三十八: 豆腐ハンバーグについて

こんばんわ。

今日は、豆腐ハンバーグについて書きます。
なんだか、グルメ番組のようですね。
最初、この記事は、「美容・健康・ダイエット」のカテゴリーに入れようかと思ったのですが、やはり、「グルメ」のカテゴリーに入れることにしました。

また、この記事を書き上げるために「CNA[クックパッド]簡単おいしいみんなのレシピが130万品」の「お肉は一切使いません!!絹豆腐ハンバーグ」のHPにも、大変お世話になっています。
ありがとうございます。
---------------------------------------
お肉を全く使わないハンバーグも出来たんですね。

まあ、ちょっと、私の家族にその、豆腐ハンバーグを作ってもらいました。P9230147
で、家族で食べたのですが、ひき肉を使ったハンバーグとほとんど味が変わりません。
ちょっとだけ、作り方を上のHPから紹介させてもらうのですが、ひき肉の代わりに豆腐を使い、玉ねぎと混ぜて、つなぎのために卵とパン粉を使って、普通のハンバーグのように、火であぶるだけです。
そしたら、それが美味しいんですよね。

私が感じたことですが、要するに、ハンバーグを食べる際に、歯触りと固さが同じであれば、ひき肉ではなく、豆腐でも良いわけです。
---------------------------------------
しかも、豆腐は昔から、「身体に良い」と聞きます。
豆腐の材料は、大豆です。

ですから、私は、インターネット上の百科事典「Wikipedia」を見ました。
ダイズ - Wikipedia


    「ダイズ種子(大豆)はタンパク質や脂肪、鉄分、カルシウムなど、ミネラルを多く含む。」

とあります。
鉄分は身体の血に必要ですし、カルシウムは骨を作る材料です。
また、Wikipediaの「ミネラル」のページに飛ぶと、

    「栄養学においてミネラル(mineral)は、一般的な有機物に含まれる元素(炭素・水素・窒素・酸素)以外に、生体にとって欠かせない元素のことを指す。無機質ともいう。糖質、脂質、蛋白質、ビタミンと並び五大栄養素の一つとして数えられる。」
   
とあります。

昔から、「大豆は健康に良い」と言われるのは、正しい、ということになるでしょう。
ですから、味も歯触りも、ほとんど全く、ひき肉で出来たハンバーグと同じで、しかも、「大いに健康に良い豆腐で出来ている」とあるならば、これは、大いに人に薦めることが出来るでしょう。
---------------------------------------
「CNA[クックパッド]簡単おいしいみんなのレシピが130万品」のレシピによると、豆腐一丁で、4~6人前の豆腐ハンバーグが出来ます。
豆腐一丁と言うのは、店に行くと、それぞれ値段が違いますが、まあ、私の見たところ、30円とか50円とか100円ぐらいでしょうか。

で、だいたい、ひき肉で作られるハンバーグだと、400グラムで、大体、4人分が作られるでしょうか。
ひき肉の値段も、店や種類によって、色々と違いますけど、だいたい、400グラムだと、380円とか500円ぐらいでしょうか。

ですから、豆腐ハンバーグの方が健康にも良いし、お値段的にも、かなりお得となると、豆腐ハンバーグは大分お薦めである、と紹介することが出来るでしょう。

ぜひ、食べてみられることをお薦めします。
これで、ハンバーグの大好きな小さい子供達も、いっぱい、たくさん、健康的なハンバーグを食べれるね!

            坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム