« 2012年6月 | メイン | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

二千三百四十四: ランデブー

                        
                ランデブー
               
               
    僕は  夜空に浮かぶ
    アンドロメダ星雲を  見上げている。
    僕は  心の手を
    そっと  アンドロメダに伸ばす。
   
    心の手は
    どこまでも、どこまでも、宇宙をよぎって
    凄いスピードで
    アンドロメダに向かってゆく。
    その手に
    透明な翼が生えているかのように。
   
    やがて
    アンドロメダの友と
    しっかりと手を重ね合う。
    その瞬間に
    喜びが
    光になって  はじけるかのよう。
   
    その二つの手は
    愛で  出来ている。
   
   
               

                坂本  誠

二千三百四十三: 船出

                船出

 

    船出しよう。
    二人で船出しよう。
    この世の外へゆこう。

    君と二人でいる時
    僕と君は一つの船。
    虹で造られた帆船。

    君と二人でいる時
    僕たちの間に
    音楽が漂っている。

    その音楽の上に
    虹の帆船を
    浮かべよう。

    銀の風に煽られて
    金の糸に操られて
    青い空の上を  どこまでも流れてゆこう。

    過去の悔いも、
    未来の憂いも、
    現(うつつ)の苦しみも、
    透いた空気の底に
    沈んでいる。

    音の上を滑ってゆこう。
    永遠の未来をすりぬけ
    無限の過去にたどりつくために
    何もなかったあの時を目指して
    船出しよう。

 

                坂本  誠                   Photo_2      

二千三百四十二: 遠い星へ向かう時

                    遠い星へ向かう時       
                   
                   
                   
    遠い星へ向かっている時、
    その星から  一つのやわらかい声が聞こえてくる。
    慈雨のように  上から降り注いでくるよう。
    その星が僕を迷わぬようにしてくれたのだ。

    僕の両腕は二つの音か。

    星に向かっている時の
    凄いスピードが  遅いスピードのようだ。

    僕は一つの音楽。
    音楽が音楽の上に乗っている。
   
   

   
                坂本  誠                        

2012年7月28日 (土)

二千三百四十一: 天の河

                        
            天の河
            
            
    暗い夜空に
    いくつかの  小さな光が  見え始める。
    その小さな光が
    かすかな音楽も  奏でている。
   
    夜空を漂い流れながら、
    徐々に
    その小さな光達が  増えてゆく。
    同時に  かすかな音楽も増えてゆく。
   
    光と音楽の数が  増えてゆくけれど、
    一つ一つの  光と音楽は結ばれていて、
    静かな
    一つの  オーケストラを奏でている。
   
    やがて
    そのオーケストラが  少しずつ  大きくなり始める。
    夜空いっぱいに
    光のオーケストラが  流れている。
   
    大きな音楽なのに
    静かさを感じる。
    私達は  その静かな光の河に
    心の手を  ひたす。
   
    その手が
    洗い清められてゆく。
    その喜びを
    私達は  そっと胸の内に入れる。
   
    喜びが
    心の中心から
    ほのかに
    広がってゆく。

 

                坂本  誠      Img7d92cb71b6ad                   

二千三百四十: 春の姫

            春の姫      
       
       
    静寂の中
    桜の花びらが
    青空を舞う。
   
    桜が降りしきる中
    一人の乙女も
    舞い始める。
   
    踊り続ける  乙女の指が
    舞い落ちる  桜の花びらに、
    次々と
    触れてゆく。
   
    乙女の指先から  春の音楽が生まれ、
    その音楽が  風に乗って
    遠くへ  飛んでゆく。
    降りしきる  桜の花びらと共に。
   
    春の姫は
    宙を舞う桜を  鍵盤(けんばん)として
    春の音楽を  かなでる。
   
    青空を流れてゆく  無数の花びらのように、
    青空に  溶け込む音楽を
    静かに  かなでる。
   
    その春の音楽の上に
    彼女の心が乗っている。
   
    桜の終わる頃と同じく、
    桜の姫は
    その森の中に
    静かに消えてゆく。
   
   

   
                坂本  誠_4                         

二千三百三十九: 都会の夕陽

        都会の夕陽
       
       
       
    深いビルの谷間に
    夕陽が沈んでゆく。
   
    ビルの谷間は  細いので、
    オレンジ色の夕陽も
    斜めに  削り取られて
    一直線になっている。
   
    ビルの谷間に
    静かに  ピアノの音が漂う。
   
    ひとすじのオレンジの光と
    ピアノの音が
    やさしく  絡み合っている。
   
    ビルの谷間の中にも
    美しさが潜んでいる。
   
   
   
                坂本  誠                        

2012年7月25日 (水)

二千三百三十八: 幸福の色

                幸福の色

 

    幸福の色は透明な水の色。
    その水には底がない。
    どこまでもどこまでも透き徹(とお)っている。
    どこまでもどこまでも光が燦燦(さんさん)と射しこむ。
    その水は幸福な人の心。

 

                坂本  誠        20101103084331                

二千三百三十七: 引用_293

    わたくしの愛する
    息子たちよ、娘たちよ、
    ようこそ来られました。
    母はいにしえのときよりずうっと、
    あなた方を待っていました。
    いつも、いつもあなた方を見守り、
    育みながら、愛し続けてきたのです。

        (2008.2.26 ガイア)
                        
                        
            『ガイアの祈り  光ある愛の星にアセンション』 より
            by アマーリエ   
            徳間書店・五次元文庫

                坂本  誠                        

二千三百三十六: 救い

        救い
       
       
    誰にでも
    失敗はある。
   
    その失敗を
    失敗と認めることが
    その人にとっての
    救いとなるかもしれない。
   
   

                坂本  誠

二千三百三十五: 引用_292

    あなた方は今、
    この地球にありて、
    何を思い、何をするべきか。
    そして、己自身の神性に気づき、
    どのように表現して
    命を輝かすのか。

        (2008.2.14 テラ)
       
       
            『ガイアの祈り  光ある愛の星にアセンション』 より
            by アマーリエ   
            徳間書店・五次元文庫

                坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム